暑苦しいほどに、あったかい。飲んだら誰とでも仲良くなる。ご近所さんも、初対面の人も、大事にする。高知家には、都会で失われかけている、「人と人のつながり」が息づいています。まるで、高知県がひとつの大家族かのように。ぜひ「高知家」に遊びにきて、家族のあたたかさを感じてください。高知県知事 尾崎正直
高知県の概要 総面積 7,104㎢(H27年)、年平均気温 17.5℃(H27年)、日照時間 年間2,098時間(H27年)、降水量 年間2,967mm(H27年)、総人口 728,276人(H27年)、人口密度(1㎢あたり)102.5人(H27年)
高知県の風土 高知県は、豊かな森林と青い海の国です。北は四国産地で愛媛県、徳島県に接し、南は太平洋に面して扇状に突き出しています。太平洋を臨む海岸線は長く、西部はリアス式海岸、東部は隆起海岸で平坦な砂浜が続いています。温暖多湿な気候なため、足摺岬や室戸岬ではアコウ、ビロウといった亜熱帯植物が自生し、高知平野では早場米が収穫されます。また、古くから野菜のハウス栽培が行われいます。このような温暖な気候、複雑な地形、そしてたびたび訪れる台風の猛威などの自然が、土佐特有の風土をつくりあげています。
高知県の歴史 「とさ」の呼称は、古くから国産みの神話のなかで、土佐国建依別(とさのくにたけよりわけ)とよばれ、雄々しい男の国とされています。戦国時代には七雄が並び立ちましたが、長宗我部氏が土佐を統一、その後、関ヶ原の合戦で西軍に味方して破れた長宗我部氏に代わって、慶長六年(1601年)山内一豊が土佐二十四万石の国主として入国しました。幕末には、坂本龍馬など多くの志士を輩出、明治維新には板垣退助などが、自由民権運動を起こし、「自由は土佐の山間より」とうたわれるようになりました。また中江兆民、幸徳秋水などの思想家、岩崎弥太郎などの実業家、牧野富太郎、寺田寅彦などの学者と、数多くの偉人を輩出しています。
高知県のアクセス 飛行機 高知龍馬空港へは、東京・大阪・福岡から直行便が運行しています。鉄道 山陽新幹線の岡山駅で接続している、JR特急「南風(なんぷう)」を利用すると便利です。バス 東京・名古屋・大阪・福岡などから高知行きの高速バスが運行しています。フェリー 佐伯からの運航です。海の旅をお楽しみください。 地図を見る