高知に縁のある30歳大集合!「高知家 三十路の大同窓会88」とは

二十歳の成人式から10年。毎年三十歳になる高知に縁のある同級生が一同に会するイベントがあることをご存知だろうか。
その名も「高知家 三十路の大同窓会」。1988年度生まれを対象とした今年の大同窓会に迫る!

皆さんは三十路にどんなイメージを持っているだろうか。

三十路ともなれば二十代とは違い仕事も忙しく、家庭を持つ人も多くなる年代。
そうなると当然、かつての友人との交流が希薄になってしまうのも頷ける。

そうした同級生同士の関係を深めようとする企画が高知にあるんです。

それが「高知家 三十路の大同窓会」だ。

 

はじまりは2015年、1985年生まれを中心に結成された「高知color」から

そもそも、この大同窓会のはじまりは「人と人とのつながりで高知を盛り上げる」ことを目的に結成された「高知color」という団体によって開催されたことがきっかけ。

1985年生まれの同級生5人で結成されたこの団体によって開催された初の大同窓会は80人と、集まった人数は決して多くはなかったものの参加者の交流の輪は広がり、よく街に飲みに出掛けたり仕事でのつながりが生まれるなどその関係は今でも続いているという。

ちなみに高知colorの活動は4年目を迎え、この大同窓会にとどまらず、大運動会や親子交流のシーカヤック体験などさまざまなイベントを開催するなど、その活動の幅をますます広げている。

 

過去3回の大同窓会を経て

2015年に開催された85年度生まれを対象にした大同窓会を皮切りに、2016年の86年度生まれ、17年の87年度生まれと過去3回に渡って開催された大同窓会。

第1回目(85年度生まれ)は前述のとおり80人だったが、第2回(86年度生まれ)には120人。

第3回(87年度生まれ)には190人と年々参加者が増えてきている。

今年の88年度生まれの第4回も100人を超える規模でのイベント実現を目標に、実行委員は日々準備やイベント周知に励んでいる。

 

再会、新しい出会い。同級生という共通点が生む共感と刺激

同窓会といえば、学生時代の懐かしい旧友との再会が醍醐味なのだが、この大同窓会はさらに違う学校の同級生とも知り合うことができる。

同級生同士であっても学校が違うと当然接点もない。そういう人同士でもそこはお互いに同級生。

「○○高校?やったら~~知ってる??」
初対面でもこんな会話や、懐かしい当時流行ったもので一気に打ち解けることができるのだ。

そして、このイベントを通じた出会いが仕事やプライベートでの新たな仲間が増えるきっかけになるのだという。

 

そして4年目、88年度生まれに渡るバトン

2015年に開催された85年度生まれによる大同窓会から4年。

今年は、1988年4月2日~1989年4月1日に生まれた88年度生まれを対象とした大同窓会が開催される。

今年30歳になる88年度生まれの方は、周りの同級生にも声を掛けて、一生の思い出に残る素敵な一日を過ごして欲しい!

 

イベント情報

【高知家 三十路の大同窓会88 〜高知の縁は無限大〜】
開催日:2018年8月19日(日)
会 場:ザ クラウンパレス 新阪急高知 3階宴会場
時 間:11:30受付開始 12:00~14:30予定
URL:https://kochicolor.jp/1988reunion/

主催:三十路の大同窓会88 実行委員会
後援:高知color

文/大山 祐司

 

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集