仲良し夫婦が営む創作鉄板料理「ミヤタヤ」

お酒大好きな藤崎アナウンサーがただひたすら酒を飲み歩くだけの人気番組「藤ちゃんのさけさかな」。今回は高知市はりまや町にある「ミヤタヤ」へ。

今宵のへべれけの舞台は高知市はりまや町にある「ミヤタヤ」。

オープンして10年、ご夫婦で営われている鉄板ダイニングだ。

こちらがご主人の宮田 博章さんと、奥さんの良子さん。

夏限定のミヤタヤ名物「カチンコチンお手拭き」でお出迎え。あつ~い夏にキンキンに冷えたおしぼりがうれしい。

というわけで、さっそく一杯目のビール。

店内に漂う鉄板焼きのソースの香りとともにいただくビールに

藤ちゃんの笑顔炸裂!今日もビールが美味い。

お通しは「うめくらげ」。

こちらはご主人がさまざまなうめくらげを食べていきついた一品。藤ちゃん曰く、梅が苦手な方でも食べれそう。

さて、鉄板ダイニングということで、続いてはがっつり肉料理の「牛タンステーキ」。

分厚さにこだわったタンステーキを「500万年前の塩」につけていただく。この塩がしょっぱさよりも甘さが際立ち、タンの味をより引き立ててくれる。

こちらのタンは場所によって固さが違い、いろいろな食感が楽しめるのも特徴。

続いては、枝豆を鉄板で炒めていただく。

その名も「枝豆ペペロンチーノ風」、略して「枝ペペ」!

ぺペロンチーノの風味が皮にしっかりついているので、豪快に皮をしゃぶりながら食べると美味い!

ビールも飲み干したところで、お次は日本酒。今回は土佐山田のアリサワ酒造の「文佳人」を。

メインの料理と一緒にいただきます。

こちらのお好み焼き、ソースがかかっておらず上面に大量のマヨネーズが!!

そのマヨネーズをバナーで炙ってから食べるという、珍しいスタイルのお好み焼き。

この独創的なお好み焼きは、ご主人が思い付きで作ってみたかった料理なんだとか。それをこうやって形にできてしまうなんて・・・意外とお酒にも合い、藤ちゃんも大満足!

メインを食べたところで、本日の〆、高知ではあまり馴染みのないもんじゃ。

ゴロゴロとたくさんの四万十鶏が入っているが、柚子胡椒でさっぱりいただけるので〆にもぴったりの料理。

実はこちらのお店、ご主人が10年前に脱サラして始めたお店だそう。

藤ちゃんが「お店を始められてよかったですね」と声をかけると奥さん、

めちゃくちゃ大笑い。かなりの笑い上戸です。楽しそうなご夫婦経営のお店に大満足の藤ちゃんでした。

というわけで、今宵の酔いどれ川柳。

今回紹介したお店

ミヤタヤ

住所/高知県高知市はりまや町1-11-8 アルコⅡ2F

電話番号/088-885-6703

営業時間/ランチ:午後12時~午後1時30分
ディナー:午後6時~午後11時 (L.O.午後10時30分)

定休日/月曜日

※情報提供※  テレビ高知

文/ナカノマサミツ

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集