モツとニラたっぷり! 高知・四万十町の隠れたB級グルメ『ジャン麺』って何だ?

高知県は「ラーメン不毛の地」? いやいや、須崎市の『鍋焼きラーメン』のみならず、個性的な麺が隠れている!

ジャン麺

札幌や福岡、喜多方など、全国にさまざまな「ご当地ラーメン」がある中で、残念ながら高知県のラーメンはそれほどの知名度を持っていない。

しかし、まだまだ全国区ではないものの、須崎市の名物『鍋焼きラーメン』など、個性的な麺文化があるのも事実。

高知には、さらに知られていないが独特な麺が存在するのだ。

 

■四万十町のご当地グルメ『ジャン麺』

四万十町窪川地区は、『窪川牛』などの畜産で知られ、古くは林業で栄えたエリア。そこで愛され続けてきたのが『ジャン麺』だ。

ジャン麺

町内の焼肉店『満州軒』が発祥で、現在は高知市でも食べることができる。

ジャン麺

取材班は、店主の武市さんに、作り方を見せてもらった。

ジャン麺

 

■モツとニラがじゃんじゃん入る

ジャン麺

鶏ガラなどでとったスープにモツを入れ、コクとうま味をスープに引き出していく。

ジャン麺

そこへ、高知名産のニラを小口切りにして「これでもか!」と投入。中が見えないくらいニラで覆われているが、この香りがたまらない。

ジャン麺

溶き卵でかき卵汁状態にし、さらに水溶き片栗粉でとろみを出せばスープは完成。麺は、黄色みが強くストレートな昔ながらの中華麺だ。

 

■スープがからみまくってウマい!

ジャン麺

ラーメンの麺は、スープとからみやすいよう、縮れ麺や細麺、太麺のように進化した。しかし、ジャン麺のスープは五目うま煮そばよりももっとドロドロなので、麺を持ち上げるとたっぷりまとわりつく。

ジャン麺

しかも、モツ・ニラ・溶き卵が入っており、スープと具が渾然一体となっている。

ジャン麺

もちろん初体験だった記者も、「あ! これは締めにぴったり。こってりとコクがあって、辛味も効いていておいしいです!」と驚きの表情。

 

県内でもまだまだ知られていないジャン麺だが、今後は『鍋焼きラーメン』のように高知を代表するB級グルメのひとつになるか?

ラーメンファン、B級グルメ好きは、早めに押さえておいたほうがよさそうだ。

 

※情報提供※  しらべぇ

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集