保存用ミレービスケットも! いざという時に役立つ高知発の防災グッズ

今週は防災週間。南海トラフ地震の危機に直面する高知県で生まれたユニークな防災関連製品をご紹介。

黒潮町の備蓄用缶詰

南海トラフ地震の被害想定で、約34メートルという日本で最も高い津波が来ると予想されている黒潮町。

そんな津波の町としてのイメージを逆手にとって作られている缶詰がある。

栄養士とシェフが作る豊かで美味しい備蓄缶シリーズ(48缶セット)

栄養バランスの良さはもちろん、多くの人が安心して食べられるように7大アレルゲンは不使用というこだわり。

また、災害の混乱時を想定して視認性の良いパッケージを採用するなど、災害時のことを考え抜いて作られた備蓄用の缶詰だ。

 

【販売会社】株式会社黒潮缶詰製作所

https://kuroshiocan.co.jp/

 

保存用ミレービスケット

高知県人に馴染みの深いお菓子であり、いまや全国的に知名度が高まっているミレービスケットの「保存缶」。

ノンフライ商品のため、保存期間は5年間も。乳・卵・バター・塩を使用していないので、小さなお子さんにもおすすめ。

100gあたり430kcalとなかなかの高カロリー食品なので、いざという時にはお腹を満たしてくれそうだ。

 

【販売会社】アミノエース

http://www.aminoace.com/

 

長期保存水

60種類以上の天然ミネラルがバランスよく含まれている室戸海洋深層水を使用した長期保存水が各社で商品化されている。

保存期間は5年から6年ほどで、飲用や料理用だけでなく、薬の飲用や調乳用にも使用可能。

災害時に絶対に欠かせない水、そしていつ発生するか分からない災害だからこそ、この保存期間の長さはうれしい!

 

商品の詳細はこちら

http://kochi-bosai.com/product/

 

テーブル型調理用コンロ

少量の燃料で強い火力が得られるロケットストーブを応用した屋外用コンロ。

災害時の木質ガレキなども燃料として利用でき、複数のお鍋で一度に煮炊きできる優れもの。

組み立て式なので持ち運びも可能。お洒落な外見で、災害時だけでなく普段のキャンプやBBQでも大活躍しそうだ。

 

【販売会社】おのストーブ

http://ono-stove.com/product/smartrocket.html

 

銀座・まるごと高知で防災フェア開催中

東京銀座の高知県アンテナショップ「まるごと高知」では、9月14日(金)まで防災フェアを開催中!

今回紹介した商品以外にも、実用的でユニークな商品を実際に手に取ってみることができる。

防災への意識を新たにする機会にしてみてはいかがだろうか。

 

その他の防災関連商品はこちら

http://kochi-bosai.com/

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集