タベアルキスト マッキー牧元の高知満腹日記「お鍋が熱いき、気をつけて食べてよ」

立ち食いそばから割烹、フレンチからエスニック、スィーツから居酒屋まで、年間600回外食をし、料理評論、紀行、雑誌寄稿、ラジオ、テレビ出演を超多忙にこなすタベアルキストのマッキー牧元さんが高知の食材・生産者さんをめぐって紹介する「高知満腹日記」。

上に沢庵が乗った小土鍋が運ばれた。

蓋を取ると、醤油の匂いとともに湯気に包まれる。

焦げ茶色の、いかにも熱そうなスープには、うっすらと油が浮かび、青ネギとちくわが散らされている。

鍋の真ん中には生卵が落とされ、スープの熱で白身はかたまりつつある。

そんな具の隙間から、薄黄色の細い麺が顔を覗かせている。

須崎名物の鍋焼きラーメン、「まゆみの店」である。

元々は、戦後すぐに須崎市で開業した「谷口食堂」(今は閉店)が考えたラーメンであるという。

なんでも須崎商工会議所が発足させた「須崎名物『鍋焼きラーメン』プロジェクトX」なるものがあり、そこでは鍋焼きラーメンの定義として、7つを定めているという。

  1. スープは、親鳥の鶏ガラ醤油ベースであること
  2. 麺は、細麺ストレートで少し硬めに提供されること
  3. 具は、親鳥の肉・ねぎ・生卵・ちくわ(すまき)などであること
  4. 器は、土鍋であること
  5. スープが沸騰した状態で提供されること
  6. たくわん(古漬けで酸味のあるものがベスト)が提供されること
  7. すべてに「おもてなしの心」を込めること

ということである。「なべラーマン」なる、やなせたかしデザインのゆるキャラまでいる力の入れようである。

澳本まゆみさんが長く営む「まゆみの店」は、「谷口食堂」の鍋焼きラーメンをさらに追求した、専門店である。

できるのは、「鍋焼きラーメン」、「塩鍋焼きラーメン」、「カレー鍋焼きラーメン」、「キムチ鍋焼きラーメン」、「先入れ雑炊鍋焼きラーメン」と、いさぎよく鍋焼きラーメンしかない。

ちなみに、食べ終わった後にご飯を入れて雑炊にするのが習わしらしいが、「先入れ雑炊鍋焼きラーメン」とは、最初からご飯が入っているラーメンである。

麺とご飯という炭水化物攻撃を、最初から行うか、後から行うかは高知県人の意見のわかれるところだが、中には、鍋焼きラーメンをおかずにしてご飯を食べ、最後にまたご飯をもらって雑炊にする猛者もいるという。

それでは早速食べてみよう。

熱い。相当に熱い。

ふーふー息をかけながらスープを飲み、麺をゆっくりとすする。

普通のラーメンのようにいきなり麺をすすっては、間違いなく火傷をする。

醤油味のスープは、醤油味も塩もしっかりとあって、うま味が濃い。

優しい甘みも潜んでいる。

シコシコ。

そんなつゆをからめながら細い、コシの強い麺が歯の間で弾む。

麺のシコッ、ネギのシャキシャキ、ちくわのふんわり、親鶏のクリッと異なる食感が、口の中でハーモニーを奏でる。

それが楽しい。

ついでに合間で、発酵して酸味がにじみ出た沢庵を、ボリボリとかじるのも良い。

つゆの濃度が濃いので、卵の黄身をつぶしても、溶けていかない。

鶏油に覆われているので、最後まで熱々である。

この香ばしい鶏油と、甘辛い味わいで、当然ながらご飯が恋しくなる。

そして二、三日経つと、また無性に食べたくなるだろう。

「ごちそうさまです。おいしかったです」。そういうと、店主の澳本まゆみさんは、愛嬌豊かな表情で「ありがとね」と笑われた。

そして「鶏油に鶏のガラたっぷり入れて、甘みは大量の玉ねぎともにタレをつくるがよ。スープは親鳥からとる。結構手間かかるがよ」

「ここまで手間かけてる店は、もう私の店くらいやろ」と、胸を張った。

おしかったですよ。まゆみさん。心の体も頭も、ポッカポッカやき!

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集