高知のソウルフード「ミレービスケット」の製造現場に潜入してみた

高知のソウルフードとして全国的に知名度を上げつつあるミレービスケット。そんな大人気商品の製造現場に高知家の○○取材班が潜入!ミレービスケットを全国に売りまくるキーマンにも話を伺った。

今や高知県だけに留まらず、全国的に知名度が上がっているという「ミレービスケット」。
最近では県内のみならず、県外にも熱烈なファンがいるらしい。

そんなミレービスケットはどのように製造されているのだろうか?ミレービスケットを食べたことがある人なら誰でも気になるはず。

今回、取材班は古くからミレービスケットの製造・販売を手がける「野村煎豆加工店」を訪ねた。

歴史を感じるレトロな工場

野村煎豆加工店の創業は大正12年。「野村煎豆加工店」の名前の通り、豆菓子を加工する会社として創業した。創業年数は90年を超え、間も無く100年を迎えるかという超老舗企業だ。

工場の一角ではミレービスケットと並んで人気の高い豆菓子も製造している。

製造工場の中には、60年以上使っているというレンガ造りの「かまど」や昭和の香りが漂うレトロな機械が並ぶなど、工場の歴史を感じるモノがずらり。

ミレービスケットはそんな工場の中の2つの釜で製造されている。

ミレービスケットのクセになる味の秘密はズバリ、豆を揚げてその旨味をたっぷり含んだ油をブレンドした大量の植物油でビスケットを揚げること。この工程があの独特の香ばしさを生んでいるのだ。

さっと油で揚げ、大きなザルですくうと、ほど良く色付いたいつもの見慣れたミレービスケットが出来上がる。

ザルからあげると手早く塩を振り、全体に馴染むように大きなしゃもじで手早くかき回す。

作業を見ていると、油で揚げる作業から完成まであっという間だ。

ここまで全て手作業で行われており、その後の梱包、検品作業を経て、1日にダンボール2,000箱以上のビスケットが全国に向けて出荷されているそうだ。

 

ミレービスケットの秘密をインタビュー

新しい味も続々と誕生しているミレービスケット。

いったいどのように新しい味のミレービスケットは生まれているのだろうか?

野村煎豆加工店常務取締役の戸田氏に話をうかがった。

 

-最近は高知県内だけでなく、県外でもミレーが人気なんだそうですね。

戸田氏「ありがたいことにここ5,6年の間に県外の展覧会に出展させていただいたり、テレビで紹介していただいたりして、現在では7,8割の商品を県外に出荷しています。
これも全て高知県民の方に長年ご愛顧いただいたからだと思っています。本当にありがたいことです」

 

インタビューの最中、何度も「ミレーは高知県民に育ててもらった」という戸田氏。

ミレービスケットが誕生してから半世紀以上高知県民に愛されてきた。ミレービスケットの長い歴史を考えれば、その思いはひとしおなのだろう。

-現在は県外への出荷が多いとのことですが、県外のお客様の反応はいかがですか?

戸田氏「やっぱり一番多いのは『素朴な味』という声ですね。『一度食べだしたら止まらない』ともよく言っていただきます。他にも『食べたことないはずなのに懐かしい味がする』という感想もいただきますね」

 

『食べたことないはずなのに懐かしい味』とはなるほど。ミレーは高知県民だけならず、日本国民の遺伝子に突き刺さるふるさとの味なのかもしれない。

 

-現在は昔ながらの塩味だけでなく、『コーンポタージュ味』や『生姜味』など、様々な味のミレーが販売されていますが、新しい味の商品開発はどのように行なっているのでしょうか?

戸田氏「社員みんなで試食品を食べて意見を出し合って決めています。この試食会は事務から工場で働く職人まで全員に参加してもらい、社内一丸となって商品開発に取り組んでいます。」

 

-商品開発にあたって気をつけていることはあるのでしょうか?

戸田氏「当たり前ですけど、まずは『』ですね。前にヨーグルト味の試食をしたのですが、私は結構好きな味だったのですが、他の社員の大反対にあったのでボツになりました(笑)

その他、『見た目』にも気をつけています。お茶を使った試作品を作った時は、味はよかったのですが、お茶の粉末の色がビスケットにつくと青カビのように見えるのでこれもボツになりました(笑)

あとは社内だけでなく、社外の方の意見を取り入れることもありますね。以前、卸業者の担当さんに『どうしてもノンフライのミレーを商品化してください』と頼まれて商品化しました。

今だから言いますけど、当時私は『ノンフライのミレーなんて絶対売れない』と思っていたんです。でも健康ブームのおかげかノンフライのミレーは想定以上にヒット商品になりました。嬉しい誤算です」

-これからの目標などがあれば教えてください。

戸田氏「おかげさまで全国の方にもミレービスケットを知っていただくことが多くなりましたが、まだまだ全国には販売していない地域やお店がたくさんあるので、そういったお店にミレービスケットを置いていただいて、全国でも愛されるようにこれからも頑張っていきたいと思います!」

 

目標は「全国で愛されるお菓子」と言う戸田氏。
いつかミレービスケットが高知県民のみならず、日本人の「ふるさとの味」になる日が来るのかもしれない。

文・写真:ありんど高知 しおちゃん

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集