【後編】人気テーマパーク『アクトランド』のごちゃごちゃ感がスゴい

香南市にある人気のテーマパーク『アクトランド』は、地元民から観光客まで大人気。いったいなぜ人気なのか? 見た感じはごちゃごちゃした施設だが、それに魅力があるのだ! 人気の秘密を前後編に分けてご紹介。

高知県香南市にある芸術・文化・技術の複合テーマパーク『アクトランド』は、無料の遊具や複数の珍しい展示がある、地元民からも高い評価を得ているエンタメスポット。

前編ではメインの見どころである『龍馬歴史館』についてお伝えしたが、後編ではそのほかの展示施設や無料で遊べる場所について、まとめてご紹介しよう。

 

■世界の偉人が高知に集結!?

『世界偉人館』は、ガンジーやケネディなど世界の偉人たちが龍馬歴史館と同様、精巧なろう人形で作られ展示されている。

マリリン・モンローのセクシーさはろう人形でもバッチリ再現! 見てるだけでは、鼻血が…。

少し奥には『ニーオアフリカンギャラリー』と『絵金派アートギャラリー』の入り口が。

『ニーオアフリカンギャラリー』はガーナ出身のアーティスト、フランシス・クワティ・ニーオが四種類の金属を操り産み出した作品が展示されている。

アフリカンテイスト溢れる作品はどれも魅力的なものばかりだが「なぜ高知でアフリカ!?」と突っ込んではいけない(ニーオ氏は取締役の友人らしい)。

 

■浮世絵にクラシックカーまで

お次に紹介するのは「絵金」の呼び名で知られる高知県出身の浮世絵師・弘瀬金蔵一派の作品を展示した『絵金派アートギャラリー』。

江戸末期の風俗を描いた浮世絵が多く展示されているので、土佐の浮世絵文化を間近で感じることができる。アフリカンアートとのギャップも超面白いぞ。

こちらは『世界クラシックカー博物館』。

イタリアの『フィアル モデルA』など、クラシックカー好きにはたまらない展示ばかり。

その横にある『世界モデルカー博物館』では、3,700台の精巧なモデルカーを数多く展示している。

フェラーリから光岡まで網羅した展示は、車好きならきっと大満足のラインナップである。子供も喜びそうだ!

ほかにもゲージツ家のクマさんこと、篠原勝之氏の展示や、ボンネットバス博物館など屋外の展示も盛りだくさん。

 

■ジャングルジムなど遊具も充実

また、無料で使える遊具も充実しており、小さな子供がめいっぱい遊べる場所も充実しているのは嬉しいところ。

モチロン大人でも童心にかえって楽しむことができるぞ。

無料で遊べるスポットから面白い展示も充実したアクトランド、周ってみると観光客だけでなく地元民からも根強い人気があるのがすぐに分かった。

ちなみに、無料の遊具はすべてアクトランドのオリジナルデザイン。小さな子どもにもめいっぱい遊んでもらいたいという優しさがあふれた乗り物ばかりである。

運が良ければ看板犬の大五郎隊長にも会えるので、高知県に来たらぜひアクトランドで遊んでみてはいかが?

 

前編を読んでいない方はこちら→【前編】人気テーマパーク『アクトランド』のごちゃごちゃ感がスゴい

 

 施設概要

創造広場アクトランド

住所:高知県香南市野市町大谷928−1

 

人気記事ランキング

最新記事はFacebookでも配信中!

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集