2018年の飲みはじめは、古民家風の懐かしい雰囲気が漂う「草や」

お酒大好きな藤崎アナウンサーがただひたすら酒を飲み歩くだけの人気番組「藤ちゃんのさけさかな」。年末年始は少しおやすみ(休肝日?)して、2018年一発目となる鷹匠町の「草や」さんに訪問。

高知市たかじょう庁舎のすぐ隣に位置する今回のお店、「草や」さん。飲んだくれ藤ちゃんの2018年一発目の餌食となったのがこのお店だ。

もはや一軒家

こちらのお店は2009年に古民家を改装しオープンしたとのこと。が、しかし…

一見どころか何度見てもどこから見ても普通の一軒家。藤ちゃんが不審者に見えてしまうほどの一軒家感!

入口には謎のシーサーが。

ちなみにこちらがお昼の様子。

う~ん。お店では一軒家。入口の暖簾がないと誰も入ってこなさそうですね。

お昼はランチもやっているとのことで、日替わりランチをご紹介。

店内に入るとようやくお店らしさが。むしろ店内は旅館や、お高い料亭の雰囲気も。

ここで店主の和田典也(わだつねや)さんが登場。なんでも藤ちゃんとは20年以上と長~いお付き合いだそう。笑顔が素敵な店主さんだ。

今年もまずは生ビールからいただくようだ。

お料理紹介

まずはお通しから

この日のお通しはスルメイカ煮こんにゃくと、キュウリとアジ酢物。

スルメイカのダシで煮たこんにゃくは藤ちゃんが「今年食べたお通しの中で一番うまい!」と言わせたほど。

※みなさんご注意ください。まだ今年一回目の放送です。

あかうしモモ肉メンチカツ

お次の料理はあかうしのモモ肉だけを使ったメンチカツ。

かつおと昆布だしのソースが予めかかっているため、食べる前から風味豊か!

これもまた、今年食べた肉料理で一番うまいと藤ちゃんに言わしめた一品。

※みなさん再度ご注意ください。まだ今年1回目の放送です。

お酒も豊富

こちらのお店はお酒の種類も豊富。ということでお次は日本酒にチェンジ。

高知で最も古い歴史を持つ酒造「西岡酒造」がつくる「久礼」。そのシリーズの中でも幻レベル(パッケージからして幻感が漂います)の「久礼+9」と併せていただくのがこちら。

ネイリ刺身

たっぷりのぬたでいただくネイリは脂がのっているもののさっぱりと食べられる。

宇佐うるめ自家製アンチョビフィレ

さらにご主人自家製のアンチョビフィレをいただきながら幻の「久礼」をフィニッシュ!

と思ったら、ここでさらなる〆の料理が。

草や特製チキンカレー

ランチでも人気のこの料理。飲んだあとのカレーとか最高すぎる・・・

なつかしさ漂う古民家風のお店で、店主こだわりの料理をいただき大満足の飲み初めとなった。

1発目から上機嫌の藤ちゃん。2018年もたくさんのお店を紹介してくれることだろう。

今日の酔いどれ格言

「一杯のビールはきょうの疲れを癒す。一杯のお酒はあすの元気を生む。」

こんなコーナーあったっけ・・・

文/ナカノマサミツ

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集