日本酒が世界一売れる日!?司牡丹「立春朝搾り」の魅力とは

2月4日の立春の朝に搾り上がったばかりの新酒「立春朝搾り」。高知県佐川町にある司牡丹ではこの「立春朝搾り」をその日に飲んでもらおうと出荷準備で大忙し。

立春は二十四節気の1つで、旧暦では1年の始まりとされていた日。前日の2月3日は節分の豆まきで邪気を祓い、2月4日の立春は新しい春を迎える。今で言うとお正月のようなものだ。

立春朝搾りとは?

そんな立春の早朝に搾り上がったばかりの新酒を飲んでもらい、春の始まりを共に祝おうと企画されたのが「立春朝搾り」だ。

搾ったお酒をその日のうちにお客様に届けるため、早朝から蔵元に集まった酒販売店らによってラベル貼りや箱詰め作業が行われ、その場でお酒を持ち帰るのだ。お酒の作り手と売り手が力を合わせる共同イベントである。

まるでお祭りイベント?

高知県内で唯一「立春朝搾り」を販売しているのは、佐川町にある「司牡丹」という蔵元だ。早朝6時から高知県内、県外(兵庫、東京など)の酒販売店約40店の店主らが集まる。

工場の中には、ビン詰めされたばかりの日本酒がズラリ。

このビンに、集まった酒販売店の店主らが「立春朝搾り」と印刷されたラベルを一つ一つ手作業で貼っていく。

底冷えをするなか手際よく作業をこなす。今回は出荷本数は約8,200本で、年々量が増えているそうだ。全国の43蔵で「立春朝搾り」が出荷されて、総計は約31万本にも達する見込みだ。

日本酒が世界一売れる日といっても過言では無い。

作業が終わると、箱詰めされたお酒を神職さんにお祓いをしてもらう。

「無病息災」「社運向上」などを祈念してもらい、これで「立春朝搾り」の完成だ。

その日のうちに酒販売店の手によって、全国各地に届けられる。

酒屋さんは、「立春朝搾りが開催された初年度から来ているが、出荷本数も取り扱う酒販売店も年々増えている。司牡丹はクオリティーが高く、立春朝搾りがどんな味に仕上がっているか毎年楽しみにしている。予約されるお客様はリピーターが多く、これから帰って発送作業だ。」と嬉しそうに話す。

司牡丹の「立春朝搾り」を飲んでみる

ビンの口を開けた瞬間から、ふわぁっと日本酒の甘い匂いが漂う。火入れをしないで、朝搾ったままがビン詰めされて、新鮮だからだろう。

口に入れると、アルコール独特な鼻につく香りは全くせず、フルーティーな香りが広がる。

スッキリしているが、味が薄い感覚は全くない。しっかり日本酒としての味の主張があるのに、飲みやすいという今までにない感覚だ。酒屋さんが「美味しい、美味しい」と言ってたのは頷ける。

「立春朝搾り」はどこで買えるの?

2月4日に全国34都道府県43蔵にて「立春朝搾り」を出荷している。基本的に予約制で、取扱店は日本名門酒会加盟の酒販売店。詳しくは日本名門酒会のホームページ(http://www.meimonshu.jp/index.php)に掲載されている。

今回取材した司牡丹の「立春朝搾り」を東京都内で購入するならば、高知県のアンテナショップ「まるごと高知」にある模様。ただ、すぐに売り切れてしまうので手に入ったらラッキーだ!

 

施設情報

司牡丹酒造株式会社
住所:高知県高岡郡佐川町甲1299番地
電話:0889-22-1211

高知県のアンテナショップ まるごと高知
営業時間:10:30~20:00
住所:東京都中央区銀座1丁目3-13 オーブ プレミア
ホームページ:http://www.marugotokochi.com

文:このり れいこ

人気記事ランキング

最新記事はFacebookでも配信中!

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集