高知のブランドトマトが大集合!「高知トマトサミット」が素敵すぎる

フルーツトマト発祥の地、高知県で行われる大人気イベント「トマトサミット」とは?

今まさに旬真っ盛りのトマト。高知県はフルーツトマト発祥の地として知られ、今では個性豊かなブランドトマトが県内各地で生産されている。

そんな高知のトマトの魅力をもっと多くの人に知ってもらおうと、県内のブランドトマトが一堂に会するイベント「高知トマトサミット2018」が高知市帯屋町で開催された。

 

高知のトマトが大集合!

イベント会場である高知市帯屋町・金高堂本店前には、高知県内で栽培された28種類のトマトが大集合!

会場は真っ赤なトマトに吸い寄せられるように多く人で賑わっていた。

トマトの試食も多く提供され、食べ比べたうえでお気に入りのトマトを購入することができる。実際に食べ比べてみると甘味や酸味、旨味、食感に至るまで、トマトに個性があることがよく分かる。こんなに多くの種類を食べ比べるなんて、普段はなかなかできない体験だ。

イベントに出店していたトマトをいくつかご紹介したい。こちらは村を挙げてトマトの生産に力を入れ、「オムライス街道」などの企画で全国的にも知名度が高まってきた日高村の「シュガートマト」。

こちらは濃厚な甘みとプチっとした食感が特徴の、しずくのような形をしたミニトマト「乙女の涙 スウィーティア」。

とっても甘い!もう完全にフルーツの域。

香南市野市町で乳牛を育てる「眞嶋牧場」の堆肥をふんだんに使用した土で栽培したトマト「うしの恵」。牛乳パックをイメージしているパッケージがかわいい!

野性味あふれる超ビッグな「ミネラルトマト」。この大きさで100円は安いっ!

このミネラルトマトを使ったタルトの人気店で大阪にも出店している「YASAI GA TART(野菜がタルト)」。生のトマトだけでない、トマトの多彩な魅力が感じられる。

他にも、トマトの生産者自らが店頭に立ち、自慢のトマトをPRする姿が多くみられた。実際に生産している方からトマトの売りや栽培のこだわりなどを直接聞けるのは、トマトサミットならではの楽しい時間だ。

 

これぞトマトサミットの醍醐味!

12種類のトマトが1つの箱に入れられた「トマトサミット詰め合わせ」。2日間のイベントで各日50個限定で販売され、販売開始後、数十分で売り切れるほどの人気ぶりだ。

事前に用意された「トマトサミット詰め合わせ」が完売した後は、3月下旬に届けてもらうよう予約注文することができる。高知のトマトの魅力がギュッと詰まったこの商品は自分で食べるのも楽しいが、贈り物にも最適だろう。

※ちなみに、予約注文はイベント会場のみで受付のため、今からは購入できないそう。残念…。

 

トマトの味が乗りに乗りまくる今の時期。生産者のこだわりが詰まった個性的な高知のトマトを味わい尽くしてもらいたい!

 

イベント情報

高知トマトサミット2018

日時:2018年3月10日(土)~11日(日)※今年はすでに終了
両日10:00~17:00
場所:土佐のおきゃく内 帯屋町2丁目アーケード
主催:野菜ソムリエコミュニティこうち、
高知トマトサミット実行委員会
ホームページ:https://kochitomato.localinfo.jp/

人気記事ランキング

最新記事はFacebookでも配信中!

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集