高知最速ビアガーデン!ホテル日航高知「街のリゾートビアテラス」のコスパが最高

高知市九反田にあるホテル日航高知旭ロイヤルのビアガーデン「街のリゾートビアテラス2018 ニッコーバル」が4月17日からスタートした。今年、高知で最も早くオープンしたビアガーデンを徹底レポート!

全国最速の桜の開花から約1ヶ月、春爛漫となった高知県にある「ホテル日航高知旭ロイヤル」では、県内で最も早くビアガーデンがオープンした。

街のリゾートビアテラス2018 ニッコーバル」と銘打たれたこのビアガーデンは、和洋30種類以上の料理が食べ放題&飲み放題。開放的でリゾート感たっぷりの会場は幅広い年齢層に好評で、毎年人気を博している。

会場はホテルの5階。1階からエレベーターで5階に上がり、受付で料金(大人4,500円)を支払うとテーブルに案内される。室内席と屋外席が選べるので、気候や利用シーンによって使い分けることが可能だ。

 

ビールサーバーが素敵

今年初めてのビアガーデン。はやる気持ちを抑えながら、まずはビールコーナーへ。

キリン(一番搾り)、アサヒ(スーパードライ)、サッポロ(ヱビス)、サントリー(プレミアムモルツ香るエール)の自動ビールサーバーがズラリ!

ビール好きにはたまらない光景だ。

冷やされた各銘柄専用のビールグラスをサーバーにセット。ボタンを1回押すだけで、泡まで完璧なビールの出来上がり。

さらに、フルーティーな香りで人気のクラフトビール「よなよなエール」まで選ぶことができる。

 

クオリティの高い料理の数々

料理の種類も豊富で、和洋30種類以上が用意されている。

どの料理もひとつひとつ丁寧に作られていることがわかる逸品ばかりで、一流ホテルならではのクオリティーの高さはさすが。

アヒージョやアクアパッツァなど、ビールやワインに合いそうな料理がたくさん!

ビールと料理がそろったところで、乾杯!!

暮れてゆく空を見上げながらいただくビールは最高だ。

 

シェフ自ら腕をふるう

ビアガーデンの目玉の一つ「シェフサービスコーナー」。

18:30〜20:30の間、テラスでシェフが出来立ての料理をサーブしてくれる。

メニューは牛ロースステーキ、ビザ、パスタなど。目の前で調理してくれるので、いい匂いが漂ってきて益々テンションが上がる!

この日のパスタはカルボナーラ!麺の茹で加減もバッチリで、こちらもさすがのお味。

野菜の天ぷらや鶏の唐揚げもアツアツが提供される。

どれも美味しすぎて、ビールがどんどん進んでしまう!

 

ビール以外にも!

ビールが苦手という方もご安心を!

ビール以外のアルコール類も圧巻の品揃え。

ワインはスパークリング、赤、白、ロゼ、サングリアまで勢ぞろい。

焼酎も麦、芋、米を取り揃え、お湯割用のお湯も用意されていて抜け目なし。

氷点下の冷たさが魅力の「フリージング ハイボール」!

甘いお酒が好きな方には、カクテルコーナーも。自分で好きなように組み合わせできるのは楽しい。

お酒が飲めない方もご安心を。ジュースなどのソフトドリンクはもちろん、ノンアルコールカクテルを自作できるコーナーもあり、普段はなかなか飲めないドリンクを楽しむことができる。

さらにさらに、お酒好きな高知県民のために熱燗も用意されている。開放的な雰囲気で杯を酌み交わせば、より一層親睦を深められること間違いなし。

 

最後の締めは…

巻き寿司や蕎麦など、シメのメニューもしっかりと美味しい。

そして、最後のお待ちかねは…

充実のデザートコーナー!

色とりどりのフルーツが乗った小さなケーキや柚子ゼリー、アイスクリームまで、甘いもの好きでなくてもついつい手が伸びてしまいそうな魅力的な品々が並ぶ。

徐々に暗くなる空を見ながら宴席を楽しむこと3時間。心もお腹も大満足だ。

4,500円でこんなにも優雅な時間を楽しめるなんて、コストパフォーマンスの良さにただただ驚き!

 

高知で体験する最上級のビアガーデン。気になった方には、ぜひ早めの予約をおすすめしたい。

 

施設情報

街のリゾートビアテラス2018 ニッコーバル

場所:ホテル日航高知 旭ロイヤル(高知県高知市九反田9-15)
5階ウォーターフォール
期間:2018年4月17日(火)〜9月30日(日)18:00〜21:00
料金:大人4,500円/小学生2,500円/幼児(4歳〜6歳)1,000円 (税・サービス料込み)
※レディースデイとして、女性は4月・5月・6月・9月は毎日4,000円
電話:088-885-5155(予約受付時間 10:00〜19:00)

人気記事ランキング

最新記事はFacebookでも配信中!

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集