都民衝撃!高知県に移住したくなるほど色々スゴい居酒屋

「ウマいな~!」としか言えなくなるほど絶品の料理ばかり出す奇跡の居酒屋、その魅力とは…?

人間は本当にウマい物を食べたとき「ウマいな~!」としか言えなくなる。そんな美味しい体験をしたことがある人、じつはそんなにいないんじゃないだろうか?

記者もそんな人間のひとりで、つい最近はじめて「ウマいな~!」としか言えなくなる店に出会えたのだ。

 

■その店とは…

その店に出会ったのは銀座でも北新地でも六本木でもなく、なんと高知市のディープゾーン『おびや町小路』。小道の奥まったところにある居酒屋。

看板には『お茶漬け 家庭料理の店』としか書いておらず、入店するときは「ここはスゴい!」と高知マスターに連れて行ってもらったにもかかわらず

「ホントにそんなスゴい店なのか…?」

と正直疑っていた。というか、常連さんの多いフツーの居酒屋にしか見えなかった。

 

■“究極の居酒屋”の絶品すぎる料理

まずはお店の名物『樽ハイ』で乾杯。焼酎ではなくウォッカを使用しているため、スッキリ美味い。

お酒は良くても料理はどうなんだろう…と不安になっていたが、提供された料理をひと口食べてその不安は一気に吹っ飛んだ!

まず出てきた『玉子焼き』は、高知県名産のニラがたっぷり入った一品。しっかり目に焼き上げられているのでニラに負けない香ばしい風味が玉子にもあり、出汁の味も最高!

食べた瞬間「ウマいな~!」と叫んでしまうぐらい絶品の玉子焼きは、いままで食べたことがない素晴らしい美味しさだった。

(※このあとあまりにウマすぎて3個注文してしまった)

お次の『うつぼのから揚げ』は、ゼラチン質の皮とふっくらした身のバランスがたまらない。それをカリッとスパイシーに揚げているのだから、お酒が進まないワケがない。

「から揚げは鶏以外認めない」、そう思った時期が僕にもありました…『うつぼのから揚げ』を食べるまでは。いまではうつぼのから揚げこそ最強だと思っている。

三品目『焼きなす』は、しっかりと焼いて皮をむいているためとろける実の部分を堪能できる贅沢なもの。

なすも高知県名産、薬味の生姜も高知県名産、かつお節も高知県名産と、シンプルなのに高知県の名産品を一度に食べられるのも感動ポイント。とにかくウマい。

最後に頼んだ『しめさば』は本当にしめているのかと思うぐらい身がプリプリなのに、しっかりと酢が効いていて料理人の腕前を感じる一品だった。

どれもシンプルながらに素材の良さを最大限に引き出す調理法と、高知県の新鮮で美味しい食材があってこその料理。確実に県外では食べられない究極の味がそこには間違いなくあった。

 

■ここに通うために高知移住を考えるレベル

家の近くにあったら週7で通ってしまいそうな究極の居酒屋。もうここに通うために高知県に移住を真剣に考えるレベル。

高知県には美味しい料理を出す店が山ほどあるが、この居酒屋は間違いなくそのなかでもトップクラスだと言っていいだろう。「高知旅行へ行ったら必ず寄るべし!」である。

 

 店舗情報

家庭料理 お茶づけの店「たに志」

住所/高知市帯屋町1-9-19

 

※情報提供※  しらべぇ

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集