タベアルキスト・マッキー牧元の高知満腹日記「海の呼吸が聞こえるところ天」

立ち食いそばから割烹、フレンチからエスニック、スィーツから居酒屋まで、年間600回外食をし、料理評論、紀行、雑誌寄稿、ラジオ、テレビ出演を超多忙にこなすタベアルキストのマッキー牧元さんが高知の食材・生産者さんをめぐって紹介する「高知満腹日記」。

海の味がした。

海底の味がした。

今まで食べてきたところ天とは違う、純真な味に包まれた。

「久礼に来たからには、ところ天を食べんといかん」。

そう言って連れて行かれたのは、町外れにある一軒家だった。

店の前では「土佐久礼名産 ところ天」と書かれた青い暖簾が、風に舞っている。

「いらっしゃいませ」。

出迎えてくれたのは、「高知屋」店主の本井友子さん(78歳)である。

優しい目をされた三代目女店主に、「ところ天ください」と声をかけると、「はい」と微笑んで、さらに目が優しくなった。

 澄み切った味わい

ガラスの小鉢に入った「ところ天」は、涼やかな顔をしている。

海苔も辛子もなく、茶色いつゆの中で鎮座しているやつをそうっとすすると、ひんやりと唇に当たり、舌の上に広がった。

噛む。慎重に噛む。

そこにあったのは、そこはかとない海の呼吸だった。

海の底で、まだ人間の手に触れられていない、無垢の汚れなき息吹だった。

ところ天とは、こんなにも澄み切った味わいなのか。

押し出された一本一本に、海の滋養が静かに潜んでいる。

四万十の水を使ったカツオ節の出汁と醤油が出会ったつゆは、すっきりとして、ところ天を生かす。

このところ天とお母さんの笑顔を見るためだけに、また高知に来たいと思った。

創業は、大正10年。

97年間営む、おそらく現存するところ天屋では最古の店は、今日も淡々と店を開け、昔ながらの清らかな心でところ天を作り続ける。

 

 

人気記事ランキング

高知家はいそんな家族で大家族
高知家無限大MAP
「高知家の魅力」大全集