高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram

歴史ある酒蔵がつどいの場所へと大変身!お宝いっぱいの「日高酒蔵ホール」

この情報は2021年2月17日時点の情報となります。

自然豊かな高知県では、観光キャンペーン「リョーマの休日~自然&体験キャンペーン~」を開催中!
歴史ある酒蔵をリノベーションした「日高酒蔵ホール」で、ゆ~ったりとした週末を過ごしませんか?

line

高知市から車で約30分、川遊びを中心とした自然体験アクティビティや、名産のフルーツトマトを活用した村おこし「オムライス街道」で知られる日高村。

そんな日高村に、酒蔵をリノベーションした小さなホールがあります。

国道沿いの看板に従って一本道を進むと、立派な石垣とレンガ塀が見えてきました。

「日高酒蔵ホール」は、かつて日高村にあった「松岡酒造」の酒蔵を再活用した施設。

1890年に創業した「松岡酒造」は、ここ日高村と須崎市に酒蔵を構え、1990年まで酒造業を営んでいました。

門を抜けると立派な日本家屋が目に飛び込んできます。

こちらの母屋は、2004年に国登録有形文化財に指定されたそう。

敷地の中に入ると、実際に使われていた大きな釜や煙突の名残を見ることができます。

2009年、維持管理が難しくなったことを理由に一度は取り壊しの話も出たのですが、「貴重な日高のお宝を何とか残したい!」という地元の有志の方々が集まり、現在の「日高酒蔵ホール」が誕生しました。

ホールの入り口は、かつて日本酒を絞っていた場所。

天井には、「槽(ふね)」と呼ばれる日本酒を絞る機械が。

他にも桶や樽などが当時の姿のままで残されています。

こちらは松岡酒造で作られていたお酒「松の緑」。

今となってはもう飲めない幻のお酒。どんな味だったのか気になります…!

入口の一角には、昔懐かしいレコードが展示されていました。

これらは村の皆さんのコレクションを集めたものだそう。思い出の1枚とともに添えられたメッセージに、ふっと頬がゆるみます。

メインのホールは、もともと酒蔵だったこともあり、入ってみると天井が高く外観よりもずいぶん広く感じます。

しっかりと奥行きのあるステージに、音響や照明の設備もばっちり。

演劇やライブのほか、地元の方によるカラオケ大会にも活用されているそう。

ホール内で使用されている机は、大きな釜の蓋を再利用したもの。

長年この場所で酒造りに使われてきたものだからこそ、用途を変えた今でもしっくりと馴染むのですね。

家具や建物の改修は、日高村の大工さんを中心に地元の方々の手で行われました。

建物の中を歩いていると、残された調度品や新たな命を吹き込まれた家具から、この場所に対する地元の方々の愛情がひしひしと伝わってきます。

2020年、新たに酒蔵ホールで始まった試みが、「酒蔵カフェ」。月末を除く毎週金曜日にオープンしています。

ホールと同じく、こちらも蔵を改修して作られたスペース。

天井が高く、開放的な空間です。

ゆっくりと音楽を聴きながら、おいしいコーヒーや紅茶が頂けます。

観光客の方はもちろん、音楽好きの常連さんがレコードを持ってくることもあるそう。

店内には昔懐かしい日高村の様子を写した写真や松岡酒造の広告写真が。

また、絵本のコーナーもあるので子ども連れでも楽しめます。

暖かい飲み物は、こちらのマグカップで。

日高村で活動をされていた陶芸作家さんによる手作りだそう。

器やインテリアのひとつひとつに、日高村にまつわるストーリーとおもてなしの心が見え隠れ。

訪れた際にはぜひ、店内に目を向けてみてくださいね。

さらに、夜には高知産の無農薬の地きびと地元食材を中心とした、「Masacasa Tacos」のタコスが提供されています!

高知の地ビール「tosaco」と日高村のフルーツトマトがコラボしたオリジナルビールとともに、できたてのタコスにかぶりつくしあわせ…

地元の方、近隣から噂を聞きつけてやって来た方、県外や海外から移住してきた方…

美味しい食事を楽しみながら、新たな交流が生まれる楽しいひとときでした。

最寄りの岡花(おかばな)駅からは徒歩3分ほどなので、お酒を飲む際にはJRを利用するのがおすすめです。

「Masacasa Tacos」は、毎週日曜に高知市内で開かれる日曜市にも出店しているほか、イベントでの移動販売も行っているそう。営業情報については、ぜひInstagramやフェイスブックで情報をゲットしてくださいね。

Masacasa Tacos関連記事⇒ アメリカ仕込みのメキシコ料理が高知でいただける!地元食材で仕上げた絶品タコス

日高酒蔵ホールでは、今後も随時イベントを開催していく予定です。特に、春に行われる「ひだかさかぐらひなまつり」は毎年人気のイベント。

展示されるひな人形は、地元の方から寄贈されたもの。

春先には菜の花や桜が咲き、訪れた人の目を楽しませてくれるそうです。

酒蔵ホールからほど近い「村の案内所ひだか」は、日高村観光協会が運営する観光案内所。

イベント情報や観光スポットはぜひこちらで情報収集を!

同じ敷地内にある「村の駅ひだか」でお買い物や食事も楽しめます。

豊かな自然・歴史・食、そしてあたたかな人にあふれた日高村。

高知市中心部からもアクセスしやすく、日帰りのお出かけにもおすすめです。

ぜひ、遊びに行ってみてくださいね!

 

施設情報

日高酒蔵ホール

住所/高知県高岡郡日高村本郷1887
問合せ/0889-24-5888(日高村観光協会)
Mail/h.sakagurakai@gmail.com
HP/ https://hidakasakagura.wixsite.com/hall
※常時開放はしておりませんので、見学等希望の場合は事前にご連絡ください。
※酒蔵カフェは毎週金曜日オープン(但し、月末の金曜日は定休日)

Masacasa Tacos
インスタグラム/ https://www.instagram.com/masacasatacos/
FaceBook/ https://www.facebook.com/Masacasa-Tacos-233554720882008/