高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram

「まだまだあったか!奥深き高知の居酒屋でいただく刺身に鍋に子芋の煮物」美食おじさんマッキー牧元の高知満腹日記

この情報は2021年2月28日時点の情報となります。

立ち食いそばから割烹、フレンチからエスニック、スイーツから居酒屋まで、年間600回外食をし、料理評論、紀行、雑誌寄稿、ラジオ、テレビ出演を超多忙にこなす美食家・食べ歩きストのマッキー牧元さんが高知の食材・生産者さんをめぐって紹介する「高知満腹日記」。今回は煮物が好きとおっしゃるご主人が営まれる居酒屋をご紹介。

line

食べログで高知市内の居酒屋を検索すると、595軒出てくる。

さすが飲兵衛の街、人口から考えると、かなり多い。

これまで、たくさんの店に行かせてもらった。

精鋭の20数軒である。

実はもうこれ以上、いい店がないだろう、と思っていた。

しかし、甘い。

まだあったのである。

ひっそりと明かりを灯す、この店「豊き(きは七が三つ)」がそうだった。

運ばれてきた刺身の盛り合わせを見て、おぬしなかなかやるじゃないかと思わず微笑んだ。

さあ食べよう。

いさきはねっとり甘く、かつおはもっちりとして滑らかである。

脂ものっていて、実によろしい。

この二つで俄然嬉しくなって、酒を追加する。

のど黒の炙りも、脂のダレがなくてよろしいぞ。

 

お次は、四万十鶏のつくね鍋といってみた。

うん、素直な鳥の滋味に油揚げのコクが加わって、これまた酒が進んで困るのだな。

 

次に選んだのは、「鯨ニンニク葉」である。

東京では、本格麻婆豆腐を作るときに、このニンニク葉の確保に苦労するが、高知では日常である。

こいつは、ちょいとクセのある肉に合うのだな。

だから鯨の一筋縄では行かない脂の個性と合う

一緒に合わせて食べるとおいしく、これまた熱燗を一本。

 

「花ニラのぬた」も頼んでみた。

ぬた味噌の茶色に花ニラの緑が輝く。

花ニラも東京ではあまり見かけないが、ニラの産地である高知では日常である。

みずみずしく、歯切れ良く、噛むことが実に痛快で、ニラの香りがほんのりとする。

この花ニラと油揚の取り合わせもいい。

 

締めは、山形のこんにゃくそばといってみた。

酒と料理で熱くなった体を、清涼なそばが清めていく。

そんな感覚が清々しい

ご主人の話を聞けば、32年前からやられていて、今の場所は12年前からだという。

高知出身で、大阪で修業をして戻られて、お店を始めたという。

こりゃあ季節ごとに来なくちゃと思い、他はどんなものを出されるのか聞いてみた。

「冬はクエ鍋がいいですね。あとはブリにニンニクぬたとか、カンパチをピリ辛で食べてもらったりとか。春は山菜です。虎杖(イタドリ)、タラの芽、コシアブラなんかを天ぷらにします。タケノコですか?筍は1月から出ます。春先あさりもおいしいですよ。浅瀬のところにいる大きいあさりを酒蒸しにしてね。夏は鱧とイサキかな。秋になると地の松茸や、太刀魚が良くなってくるので塩焼き。あとは、皮を見せずに身の方を表にしたかいさま寿司もやります。かいさまとは高知の方便で逆さまの意味です。後はアオリイカも甘くなってくる。伊勢海老 焙烙(ほうろく)でバター焼きか具足煮か刺身ですね」。

話を聞いているだけで唾が湧いて、また腹が減ってきた。

その様子を感じたのか、ご主人が唐突に「小芋、煮たの食べますか?」と聞いてきた。

一も二もない。当然「はい。お願いします」と答える。

色白く仕上げた芋の煮っころがしは、ソウダガツオの出汁をつかっているのだという。

人懐っこいうまみがあって、気分がほっこりと暖かくなる味である。

それは「煮物が好きだ」というご主人の朴訥な人柄が出ている、まあるい味だった。

 

高知県高知市帯屋町1丁目「豊き」にて