高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

ガツンと豚骨!後味さっぱりの久留米系とんこつラーメン「Bchラーメン」ほっとこうちオススメ高知ランチ情報

この情報は2021年3月10日時点の情報となります。

700円以上のメニューが500円で食べられる本」として全国的に有名な「ランチパスポート」。その発祥である出版社「ほっとこうち」がオススメする、高知のランチ情報を紹介していくシリーズ。
高知で福岡県久留米の豚骨ラーメンを食べるならここ!「Bchラーメン」をご紹介。

line

高知市中心部から車で10分ほどの薊野エリアにある「Bch(ビーチャン)ラーメン」。

濃厚な豚骨ラーメンを提供する、知る人ぞ知るラーメン店だ。

店名のBch(ビーチャン)は店主のお母様、ミエコさんのあだ名からとっている。

ちなみに、こちらのお店の隣には、店主が長年切り盛りしている居酒屋「花こまち」があるが、そちらは店主のお祖母様が店名の由来なのだとか。

テーブル席とカウンター席を備えたシンプルな店内。

それぞれの席から厨房が見えるオープンなスタイルだ。

店内には、筆で力強く書かれた「粉骨砕身」の文字が。豚骨へのこだわりを表しているのだそう。

今回オーダーしたのは「しおとんこつと玉子チャーハンセット」。

ランチパスポートの掲示で、1000円のところ500円で食べられる。

料理を待っている間、マスクケースをくれるという細やかな気配り。これは嬉しい。

やってきました!濃厚な豚骨ラーメンとシンプルな玉子チャーハン。

こちらの豚骨は、時間をかけてじっくりと煮込んだこだわりのスープ。

その時間、なんと約14時間というから驚き。

一口すすると、豚骨の濃厚な香りとコクが口一杯に広がって、後味は意外にもあっさり。自慢のスープを堪能してほしいと、久留米系で主流の極細麺ではなく、中細麺をつかっているのところが店のこだわりなのだとか。

パラパラに仕上がった玉子チャーハンは、ご飯と卵のみを炒めたシンプルな一皿。あっさり味なので、これだけでもぺろりと完食してしまいそうだが、ここで一工夫。こだわりの豚骨スープをかけながら食べてみると、味わいが深まりさらに美味。

店主の近藤さんにお話を聞いた。

-こちらの豚骨スープはかなりこだわりがあると聞きましたが?

近藤さん:高知では珍しい久留米系ラーメンです。香味野菜などを使わず、豚骨だけをじっくり煮込んでスープをとっています。老若男女問わずどなたでも食べられるように、自分流に少しアレンジを加え、後味あっさりのスープに仕上げました。このスープを生み出すために、様々な工夫をほどこしました。

-豚骨ラーメンにも様々な種類があるんですね。なぜ久留米系にされたんですか?

近藤さん:以前兄が働いている福岡のラーメン店へ行ったことがって、そこで初めて久留米系ラーメンを食べたんですが、その味に衝撃を受けてしまって。高知にも豚骨ラーメンの店はありますが、久留米系のガツンとした豚骨が味わえる場所がなかったので、じゃあ自分で店をやろうって。

-地元の味を再現するのは難しくなかったですか?

近藤さん:最初は職人さんにレシピを伝授してもらって、料理人でもある自分がアレンジを加えて、高知の人でも食べやすい味に仕上げました。

-クセになる味にリピーターも多いと思いますが、どんな方に来てもらいたいですか?

近藤さん:久留米系という独特の味に惹かれて通ってくれている方が多いのですが、女性もフラッと立ち寄れる店になりたいと思っています。食後に爪楊枝を使う方がいらっしゃると思うのですが、うちのは先にミントを仕込んでいるので、食後に口をさっぱりとリセットできるんです。女性も豚骨ラーメンを気軽に食べれるように、そんなような工夫をしてます。

 

これまでの豚骨ラーメンとは一線を画す、こだわり抜いた後味あっさりの豚骨ラーメン。

女性にも味わってもらいたいと店主も太鼓判。

ぜひ一度ご賞味あれ。

 

 

Bchラーメン

住所:高知市薊野中町12-6 八千代ハイツ1F
電話:070-3794-1675
営業時間:午前11時〜OS午後2時30分
休:月曜日、第1・3火曜日

 

提供:ほっとこうち

https://hotkochi.co.jp/