高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • mail

歴史と風土が育んだ街並み、室戸市吉良川町をグルメ散策

この情報は2018年7月27日時点の情報となります。

土佐漆喰(しっくい)の白壁に水切瓦。室戸ならではの歴史と風土が育んできた街並みをもつ室戸市吉良川(きらがわ)町。
高知の女性デュオ「スーパーバンド。」のゴッチが吉良川の街並みとグルメスポットを紹介するぞ!

line

室戸市は吉良川町にやってきたスーパーバンド。のゴッチ。

町の近くでは備長炭の原料となるウバメガシが採れたことから、明治から昭和初期にかけて良質な備長炭の町として栄えたようだ。

吉良川町といえば、耐水性の高い土佐漆喰の白壁が有名だが、水切瓦と呼ばれる瓦も特徴のひとつだ。
台風の多い室戸で、雨風から漆喰の白壁を守るための先人たちの工夫が垣間見える。

強風から家を守るために積み上げられた「いしぐろ」と呼ばれる石塀も高知県東部で見られる工夫の一つだ。

 

米蔵をリノベーションしたおしゃれカフェ

そんな街並みに建つ土佐漆喰づくりの立派な蔵。

元々炭問屋を営んでいたというこの蔵、現在は改装されて「蔵空間」というカフェになっている。
入り口に掛けられた白と藍色のツートンの暖簾がまたオシャレ!

暖簾をくぐれば正面には、先ほど紹介した「いしぐろ」の壁。

昔ながらの広いお屋敷に戸惑いつつ奥へ。

次のページを見る