高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • mail

のいち動物公園の動かない鳥「ハシビロコウ」が動きまくる件

この情報は2018年8月11日時点の情報となります。

高知県立のいち動物公園の人気者で”動かない鳥”として有名な「ハシビロコウ」。ハシビロコウって、動かないはずだよね…?

line

日本各地の動物園で人気の動かない鳥「ハシビロコウ」。四国では唯一、香南市にある「高知県立のいち動物公園」で飼育されている。

動かないはずなのに、のいち動物公園のハシビロコウは「意外に動いている…」という噂を耳にした取材班は、のいち動物公園に取材を申し込んでみた。

 

記者:「ハシビロコウを撮影させていただきたいのですが。」

のいち動物公園:「いいですけど、うちのハシビロコウは結構動きますよ。

記者:「あっ、そうなんですか…」

 

やはり、噂は本当なのか。半信半疑のまま、取材班はのいち動物公園へ急行した。

 

飼育員さんにインタビュー

のいち動物公園では、オスの「ささ」とメスの「はるる」という2羽のハシビロコウが飼育されている。

この日は室内で「はるる」、屋外で「ささ」の様子を見ることができた。


飼育員の笠木さんとメスの「はるる」

ハシビロコウの飼育員 笠木さんにハシビロコウについてお話を伺った。

 

記者:「本日、撮影させていただきます!よろしくお願いします。」

笠木さん:「こちらこそ。でも、うちの子たち、よく動きますよ。

 

やっぱりだ。

飼育員さんが言うのだから、これは間違いなさそう。

 

記者:「ところで、ハシビロコウは普段何を食べているんですか?」

笠木さん:「20cmほどの大きさのニジマスを2~3匹くらいですね。1日で。」

記者:「えっ、1日でそれだけ!?」

笠木さん:「エサを置いていてもなかなか食べてくれないときもありますよ。」

 

オスの「ささ」は体長120cm、体重6.5kgほど。大きな鳥にしてはかなりの小食だ。

動かないからお腹が空かないのだろうか。

次のページを見る