高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram

『土佐のおきゃく』に海外からオンライン参加!早朝5時から濃すぎる高知の文化を堪能

この情報は2021年4月27日時点の情報となります。

3月、コロナ禍ということで特別バージョンで開催された『土佐のおきゃく』。そこにオンラインで参加した筆者が、楽しみ方を交えながらレポートします。

line

よさこい8

皆さま、こんにちは!

カナダのトロント市在住、高知県観光特使・高知県よさこいマイスター・高知県よさこいアンバサダー(桜舞ポーランド)・高知県よさこいアンバサダー絆国際チーム代表・カナダよさこい連奏楓-KAEDE-代表の田中恵美子と申します。

 

春の一大イベントとなった『土佐のおきゃく』が今年は開催されました!

土佐のおきゃく

毎年3月に高知で開催される大宴会、その名も『土佐のおきゃく』。

高知の街全体が宴会場と化し、商店街や公園、電車の中などあらゆる場所で「かんぱ〜い」と盃を交わす風景が見られる、春のビックイベントです。

土佐のおきゃく関連記事⇒ さあ、春迎え酒。土佐の「おきゃく」で今年も乾杯!

2020年は、新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受け中止に。しかし、今年は通常とは異なる特別回という位置づけで、オンラインを中心に3月6日~9日まで高知市内で様々なイベントが催されました。

その内、私は3月6日(土)開催の『オンライン大おきゃく』と3月7日(日)開催の『オンラインはしご酒【昼呑み】』に参加。

その様子をレポートします!

 

カナダから、朝5時からの『オンライン大おきゃく』参戦!

3月6日(土)当日はzoomを使って開催され、日本全国はもちろん、カナダから参加した私を含めて海外からの参加もあり、総勢120名以上で盛大に開催されました。

これほどの人数が参加するとは、高知が世界中から愛されている事を改めて実感。

当日は司会者のいる本部と、実行委員会が集まった居酒屋からの中継、そして「土佐のおきゃくPR大使」雑誌dancyu編集長の植野広生さんがいらっしゃる3か所を拠点として開催しました。

dancyu植野広生編集長関連記事 ⇒ 人気グルメ雑誌「dancyu」植野編集長が田舎寿司の魅力を語る

土佐のおきゃく

おきゃくのテーマソングを歌うフラチナリズムさんも参戦し、『土佐のおきゃく応援ソング~べろべろの皆様~』、『KAN&PAI』のライブを披露。こちらには、オンラインでありながらも大盛り上がり

私も朝の5時(カナダ時間)から、ウォッカ片手にKAN&PAI!テンションが上がりました。

その後は、お酒に纏わる失敗談を紹介するコーナーや参加者を巻き込んだ「べく杯」などの「お座敷遊び」でさらに皆さんのテンションアップ。

さて、どうやってオンラインでお座敷あそびをしたのか不思議ではありませんか?

オンラインでも一緒に楽しむポイントをご紹介します。ぜひ、皆さんも参考にして楽しんでみてくださいね。

 

離れていても「べく杯」でお座敷遊び!「オンライン特別ルール」とは

べく杯とは、おかめ、ひょっとこ、天狗の3種類の杯のこと。

おかめは注がれても一旦机に置くことができますが、ひょっとこと天狗は、穴が開いていたり、天狗の鼻が邪魔をして、お酒を飲み干さないと机に置くことができません。

そんな杯を用いて、専用のコマを歌を歌いながら回し、当たった人が杯にお酒を注がれて飲むというお座敷遊びです。

本来であればコマが指した方がお酒を呑むルールなのですが、今回はオンライン特別ルールとして視聴者の方の名前を書いたくじを引き、当たった方がお酒を楽しみました。

その中には、オンライン特別ルールならでは、全員と書かれたくじが用意されており、最後はそのくじが大当たり!まさかの全員が呑むことに。笑

トークやライブ、お座敷遊びと続き、気付けば1時間半が本当にあっという間に過ぎていました。

笑い、歌い、呑みながら高知の文化を満喫できた素晴らしい時間でした。

コロナ禍で通常開催されなかったことは残念ですが、大好きな高知の文化がオンラインで楽しめ、更にその時間を世界中の方と一緒に共有できたことが嬉しかったです。

 

次は『オンラインはしご酒【昼呑み】』!

さて、次に参加したのは3月7日(日)に開催のzoomを使った『オンラインはしご酒【昼呑み】』。

高知のリアル店舗のママ&マスターとオンライン上で繋がり、お酒を飲んだりおしゃべりを楽しんだりするというこちらのイベント。カナダにいながら高知のお店にいるような気分でお酒を楽しめるとは、素敵な企画だと思い、参加しました。

 

まずは、そのシステムをご説明します。

来店方法は、送られて来たzoom roomに入りその後”break out room(グループ分け)”の機能を使って、5店舗あるお店の中の1店舗に来店します。1時間半という時間内で、何店舗でも好きなお店に来店することができ、まるでお店にいるような気分で楽しめるシステムとなっていました。

私が1軒目に選んだのは、『オーイェイオーイェイ!!』という「まーちん」さんこと浜田 章夫さんが切り盛りされているお店。

マスターのインパクト強めな写真とコメントに惹かれてお邪魔しました。笑

入ったら、すぐまーちんさんの元気な「オーイェイオーイェイ!!」という声が響き渡り、簡単な自己紹介をしてから早速乾杯。

このお店には、よさこい「絆国際チーム」のメンバー(横浜から参加)や、前日開催された『オンライン大おきゃく』の司会者の大黒久美子さんを含め、3名が来店

はじまると、話題はまーちんさんのアドベンチャー話に。世界中のマラソン大会に参加されたり、登山のために海外へ行かれたりととってもアクティブな方。

なんとマッターホルン(標高4,478m)に登頂されたことがあるそう。なんでも、3度目の挑戦で16年越しの夢を叶えたのだとか。

本来ならはしご酒をするところが、、エネルギー溢れるまーちんさんのアドベンチャー話に夢中になり、そして大黒さんのおしゃべりに魅了され、1時間半ずっと『オーイェイオーイェイ!!』でお酒を楽しむ結果に。

カナダにいること、時差があることもすっかり忘れ、まるで高知にいるかの様に美味しいお酒を楽しむことができました。

そして、退店する際には、なんと『オーイェイオーイェイ!!』さんの5000円分チケットが大当たり!

これは、次回高知に行った際にはまーちんさんに会いに行かなければいけないということですね。笑

 

日本中、世界中から、高知のお店を地元の皆様と楽しめる、本当に楽しいオンラインイベントでした。

おきゃく実行委員会の皆様、沢山のオンラインの素敵な企画をありがとうございました。

来年は、高知でリアルおきゃくが楽しめることを祈って。楽しみにしております!

 

高知県よさこいアンバサダー
高知県よさこいマイスター
高知県観光特使
高知県よさこいアンバサダー絆国際チーム代表
カナダよさこい連・奏楓-KAEDE-代表

田中恵美子
https://yosakoiambassador.com/