高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

「室戸の豊かな海の幸と里山の健やかな米が出会った旨味溢れる釜飯」美食おじさんマッキー牧元の高知満腹日記

この情報は2021年4月25日時点の情報となります。

立ち食いそばから割烹、フレンチからエスニック、スイーツから居酒屋まで、年間600回外食をし、料理評論、紀行、雑誌寄稿、ラジオ、テレビ出演を超多忙にこなす美食おじさんマッキー牧元さんが高知の食材・生産者さんをめぐって紹介する「高知満腹日記」。今回は、高知県東部の港町、室戸市の「釜飯 初音」にお邪魔した。

line

朝一番で自然薯丼といなり寿司、次に北川村で田舎寿司、高知県の東の端っこ、東洋町でこけら寿司を食べた一行は、南下して室戸岬へと向かった。

ここで名物の釜飯を食べるためである。

その店「初音」が開店したのは、室戸岬が漁港として賑わっていた昭和初期である。

当時は、マグロと鯨漁が盛んで、室戸には船主さんが300人もいた。

当然ながら多くの飲み屋ができてどの店も連夜満席だったという。

店は、現店主の祖母である初江さんが作られた。

店名はその祖母の名前と初音鶯の鳴き声からとったという。

最初はカフェで、流行っている飲み屋に転向しようとも考えたらしいが、将来娘を飲み屋で働かせるのが嫌でご飯屋にしたい。

ならばご飯料理を主体にした食堂にしよう、と考えて釜飯を思いついき、神奈川の浦賀の釜飯を板前に勉強させたのだという。

室戸の店の目の前は海である。

豊穣なる海の幸が、毎日のように揚がって来る。

それらを使った釜飯は珍しく、一躍人気の店へとなった。

メニューを開けると、釜飯の品書きが4種類ほどあるが、ここは室戸ならではの釜飯を食べなくてはと、「金目釜めし」と「ながれ釜めし」を注文した。

「ながれ釜めし」とは、高知で「ながれこ」と呼ぶトコブシを炊き込んだ釜飯である。

釜飯が炊き上がるまでの間につまもうと、珍しい「浜あざみの天ぷら」も頼む。

これがまた素晴らしかった。

はまあざみは、海岸の砂地に生えるキク科アザミ属の植物で、柔らかい若葉と茎などを食べる。

からりと揚がった天ぷらを食べれば、細いフキのような食感で、しゃくしゃくと痛快で、食べていくと微かな牛蒡風味とツンとした香りが広がる。

これは天ぷらに向いている。

こいつとビールをやれば永遠に箸が止まらないだろうなあ。

そんな妄想をしていると釜飯が運ばれた。

まずは、「ながれ釜めし」蓋を開ける。

その瞬間、潮の香りが立ち上った。

むんむんと室戸の海辺の香りが顔を包む。

食べれば、その潮の香りと牛蒡の香りが入り混じって、食欲を刺激する。

さっきまで、あれほどご飯ものを食べてきたというのに、俄然箸の速度が増していく。

室戸の海に生息するながれこは海藻だけを食べているので、一層潮の香りがするのだという。

昆布と鰹節の出汁で炊くご飯に、ながれこの肝も混ぜているので、そのかすかな苦味もクセになる。

この釜飯で酒が飲めちゃう感じである。

さしずめこの釜飯は、たくましい、日焼けしたやんちゃ坊主といった感じがある。

それに比べて「金目鯛釜飯」は、色白のお嬢さんといった趣があった。

あっさりとした淡く品ある甘みがひろがって、心が暖かくなる味である。

途中で身をほぐしてご飯に混ぜてみたが、この食べ方が断然いい。

金目鯛の優しい甘みとご飯の甘みが抱き合って、思わず笑みがこぼれる。

15分強火でふかして、ご飯が膨らんできたら蓋をし、蓋をする段階で金目鯛を入れて3分くらい蒸すのだという。

金目鯛は捨てるところがないので、中骨の身を焼いてほぐしたものもいれ、室戸の海洋深層水で炊いていくという。

だからこそ、味に深みがあるのだろう。

何よりこの釜飯、米がうまい。

聞けば、地元滝浜の米で、綺麗な水と空気で育ち、農薬もほとんど使っていない米ということである。

室戸の豊かな海の幸と里の健やかな米が出会ったこの釜飯こそ、都会では出会うことのない真の贅沢である。

心を豊かにし、体を清め、大地と海に感謝の気持ちが湧き上がる、贅沢である。

 

高知県室戸市室津「釜飯 初音」にて