高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

サクサク衣の塩からあげを自家製レモンソースで「ありときりぎりす」ほっとこうちオススメ高知ランチ情報

この情報は2021年5月13日時点の情報となります。

「700円以上のメニューが500円で食べられる本」として全国的に有名な「ランチパスポート」。その発祥である出版社「ほっとこうち」がオススメする、高知のランチ情報を紹介していくシリーズ!
今回は、バリエーション豊富なメニューで何度も通いたくなる「ありときりぎりす」を紹介します。

line

高知駅から車で約25分。南国市の住宅街にある人気のカフェ「ありときりぎりす」へ。

三角の屋根がかわいらしいお店。

窓から優しい陽が入り込む落ち着いた店内には、テーブル席のほか、ゆったりと座れるソファ席も完備。

メニューは和食から洋食まで幅広いバリエーリョンが揃っていて、その日の気分に合わせていろいろチョイスできる。

旬の野菜を使い「地産地消」を心がけて提供している平日限定30食の「日替わり定食」は、1時間ほどで売り切れてしまうことも多いので早めの来店を。

もちもちの生麺を使用したパスタもおすすめで、ソースは手作りしているという。

県外のお客さんが驚く「トーストとお味噌汁」という高知のモーニングは、パンのほか和食のメニューも用意している。

今回はランチパスポートに掲載中のメニュー「塩からあげ レモンソース添え」を注文。

通常は850円のところ、ランチパスポートを掲示すると500円でいただける。

サックサクの衣に塩味の効いた唐揚げは、ご飯がすすむ味付け。自家製レモンソースをかけていただくと、さっぱりといただける。

店舗の2階には、ママと子ども服のお店「Mom Garden」を併設。

店主自らがセレクトした可愛い洋服は、どの年代にも似合うシンプルなテイストが揃う。

ベビー服や県内のハンドメイド作家さんの雑貨やアクセサリーもあり、こちらもメニュー同様、種類豊富。

店主の石川さんにお話を伺った。

-メニューのバリエーションが豊富ですが、中でも人気が高いものはどれですか?

石川さん:「チキンナンバン定食」が人気です。甘いソースとタルタルソースがかかっています。

-高知県民はやっぱりチキンナンバンが大好きですね!ちなみに、石川さんのイチオシメニューはなんですか?

石川さん:大きなエビフライ2つを卵でとじた「エビフライ丼」です。

-「ありときりぎりす」は童話の名前だと思いますが、何か由来はありますか?

石川さん:私が学生の時、母がお店を始めたのですが「店名決めていいよ~」と言われて決めました。あんまり覚えてないですが、子どもから大人まで知っている名前にしたんだと思います。

-お店ができて何年目になりますか?

石川さん:来年で25年周年を迎えます。母の代から引き継いで、私で2代目です。現在のメニューは兄が考えたものが多いです。

お母さんの代から、南国市内だけでなく市外のお客さんからも親しまれている「ありときりぎりす」。

美味しそうなメニューがたくさんあるので、何度も通って制覇したい!と思えるお店だ。

 

CAFEREST&CAKE ありときりぎりす

住所:南国市緑ヶ丘2-1706
電話:088-865-5677
営業時間:午前7時~午後5時
休:不定休

 

提供:ほっとこうち
https://hotkochi.co.jp/