高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram

これが高知流コーヒーブレイク!?鏡川源流でリバーコーヒー

この情報は2021年5月18日時点の情報となります。

line

県内の約8割を森林が占める、緑豊かな高知県。

高知市中心部から1時間足らずでアクセスできる「工石山(くいしやま)」に行ってきました!

工石山は、高知市と土佐町にまたがる山。短いルートであれば登頂まで約1時間半という手軽さから、日帰り登山として多くの人に親しまれているスポットです。

工石山には高知市内を流れる「鏡川」の源流がいくつかあり、今回はその中のひとつ「サイの河原」を目指します。

入口はこちら。

少し歩くと鳥居が見えてきます。

登山道として整備はされているものの、日頃の運動不足が気になる取材陣にとってはそこそこハードな山道が続きます。

休憩中、ふと見上げれば木々の隙間から差す木漏れ日に癒されました♪

耳を澄ませば、木々の間を吹き抜ける風の音や、鳥のさえずりが。

大自然を全身で感じることができ、とっても癒されます。

ただ、今回のお目当ては鏡川の源流。

先を急ぎます。

道中、何組かの登山客の方とすれ違いました。

子どもからお年寄りまで、幅広い年齢層の方に愛されている山なんだな~と再確認。

道中の景色を楽しみながら、歩くこと30~40分。

空気がひんやりとして、どこからか川のせせらぎが聞こえてきました!

山道を外れ、音のする方へ向かうと、「サイの河原」に到着~!!!

透き通った水の冷たさにびっくり。

歩いて汗ばんだ身体を、清流から出るマイナスイオンがスーッと冷やしてくれます。

「サイの河原」はサンショウウオの生息地としても有名なんですって。

 

さて、ここからが今回のメインイベント。

鏡川の源流水で、コーヒーを淹れたいと思います!!

 

まずは勢いよく流れるポイントを狙って、水汲みを。

足を滑らせてキンキンに冷えた川に突っ込まないよう、注意してくださいね・・・!

無事に汲めたら、しっかりと沸騰させて・・・

カップにドリップバッグをセットして、お湯を注げばあっという間に完成!

もちろんコーヒーのお供には、高知のお菓子「ミレービスケット」を忘れずに♪

【記事】中毒性対決!ミレーVS芋けんぴ 食べだすと止まらないのはどっち?

豊かな緑と川のせせらぎに囲まれて味わうコーヒーは格別でした。

本格的なアウトドアはちょっぴりハードルが高いけれど、ドリップコーヒーなら手軽に始められるので、おすすめですよ。

 

工石山は初心者向けの山と言われていますが、登る際にはぜひとも動きやすい服装で。

スーツを着ての登山は、ちょっぴり大変そうでした(笑)。

 

↓リバーコーヒーの様子は動画編もあるので、ぜひそちらもご覧ください♪↓