高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram

高知のじいちゃんばあちゃんYouTuber「チロちゃん」が魚梁瀬森林鉄道で乗車・運転体験!

この情報は2021年5月22日時点の情報となります。

チャンネル登録者数約9万人!高知県のじいちゃんばあちゃんYouTuber「チロちゃん」が、高知のさまざまな場所を巡り、魅力をたっぷりご紹介!
おちゃらけな反面、厳格さもある「じいちゃん」と、おしゃれと料理が大好きな「ばあちゃん」が繰り広げる何気ない日常を、孫の「チロちゃん」が撮影。
今回は、全国の森林鉄道で唯一国の重要文化財に指定されている「魚梁瀬森林鉄道」で乗車・運転体験をしてみたぞ。

line

高知市から東へ向けて車で約2時間半のところにある馬路村魚梁瀬(やなせ)にやってきた、じいちゃんばあちゃんYouTuber「チロちゃん」。

【記事】二人合わせて179歳!ばあちゃん&じいちゃんの素朴な日常が魅力のYouTuber「チロちゃん」ファン急増中

今回は、木材の運搬に使われていた「森林鉄道」の乗車・運転体験をするぞ。

 

じいちゃんばあちゃんが魚梁瀬森林鉄道に乗ってみた!

全国の森林鉄道で唯一、国の重要文化財に指定されている「魚梁瀬森林鉄道」。

「日本三大美林」の一つといわれる、魚梁瀬杉を運搬することを目的として開業したが、陸上交通網の整備や、魚梁瀬ダムの完成により利用が少なくなり廃線となった。 

現在では、観光のために当時使用していた機関車を修理・復元し、魚梁瀬丸山公園内に周回軌道を敷設して運行している。

早速、魚梁瀬森林鉄道の案内人 井上さんに案内してもらいながら、乗車・運転体験へ。

まずは乗車体験からスタート!

木で作られた客車は、なんとも趣のある内外装。当時、森林鉄道が走っていた頃と同じような作りだという。

井上さんが幼いときには、客車へ乗り込むとベンチへ膝立ちとなり、外の景色を眺めながら鉄道に乗ることが楽しみだったそうだ。

幼少期の思い出とともに、魚梁瀬森林鉄道の歴史を少し語ってくれた。

森林鉄道がまだ現役で走っていた頃は、馬路村 魚梁瀬から安田町まで森林鉄道を使い移動していたそうだ。その所要時間は、なんと片道約4時間半!

交通網がまだ整備されていない当時 、魚梁瀬に住む人たちにとっては唯一の交通の便となっていたのだ。

 

じいちゃんが運転体験してみた!

乗車体験を終えて、ホッと一息つくじいちゃんとばあちゃん。

と、ここで撮影をしている孫のチロちゃんから一言。

チロちゃん:じいちゃんやってみんかね?せっかくやき。次は運転体験をしてみん?教えてもろうて。

じいちゃん:いぃやッしない!!免許証戻しちゅうき。

じいちゃん、全力で拒否!!

車の運転免許証を自主返納しているからと、運転体験を断固拒否。

※車の免許がなくても運転体験は可能です。

運転体験はしない!と言いながらも、客車をそそくさと出ていき、さっと運転席へ座るじいちゃん。

本当は運転したかったご様子(笑)。

久しぶりの運転に腕が鳴るぞ!

運転席に座り、意気揚々と慣れた手つきで指差し安全確認をするじいちゃん。

井上さん指導のもと、操縦方法などを教えてもらい、準備万端。

エンジンをかけてみると、ブルンッブルルルゥー!!思いの外、大きなエンジン音にビックリ!

さぁ出発進行!

運転席からは、奈半利川(なはりがわ)が見渡せる。

少し進むと小さな踏み切りを発見!

しっかりと指差しで安全確認を忘れずにね。

井上さんと前方確認を行うじいちゃん。様になってきた!

運転に慣れたのか、上機嫌で手を振るじいちゃん。マスクで顔が隠れていて見えないが、とっても笑顔。

じいちゃんが運転する機関車の客車に乗っているばあちゃん。

じいちゃんの運転が上手なのか、ばあちゃんは立ち上がってこちらを向いて手を振っている。

運転体験終了!おつかれさまでした。

緊張と疲れで「おぉお〜」と大きな声をあげるじいちゃん。

井上さんからは「なかなか運転が上手!素晴らしい」とお褒めの言葉をいただいた。

乗車・運転体験の最後は、じいちゃんとばあちゃんで記念撮影。

自然の中をゴトゴトとゆっくり走る森林鉄道は、ゆったりとした時間が流れ、リフレッシュできる最高のアクティビティ。二人にとって、思い出に残る1日となった。

 

乗車・運転体験後に素敵なプレゼントが

魚梁瀬森林鉄道での乗車・運転体験後には、乗車・運転それぞれに記念切符がプレゼントされる。

上の写真が運転体験の記念切符、下の写真が乗車体験の記念切符だ。

記念切符は、高知県の県木に指定されている「魚梁瀬杉」で作られており、ほのかに杉の香りがする。

井上さんへお礼をいう、じいちゃんとばあちゃん。

もらった記念切符を大事そうに持ち帰っていった。

高知県東部の中芸地区5町村(安田町、田野町、奈半利町、北川村、馬路村)には、いまも森林鉄道の記憶を残す遺構が数多く現存している。

魚梁瀬森林鉄道もその一つ。

歴史を紡いできた人々の思いが、現代でも感じられる、素敵なスポットであった。

じいちゃんとばあちゃんから一言コメント

じいちゃん:後ろに大きな杉を積んだトロッコに乗った記憶がある。懐かしかった。

ばあちゃん:子供たちを連れてきてあげて、乗せてあげたら喜ぶだろうなあ。

次回のYouTuber「チロちゃん」に関する記事もお楽しみに!

【記事】二人合わせて179歳!ばあちゃん&じいちゃんの素朴な日常が魅力のYouTuber「チロちゃん」ファン急増中

 

魚梁瀬森林鉄道

住所:高知県安芸郡馬路村魚梁瀬丸山
電話:0887-43-2055(集落活動センターやなせ)

 

文/さたけゆうや