高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

室戸ドルフィンセンターでイルカのトレーナー体験をやってみた!高知のじいちゃんばあちゃんYouTuber「チロちゃん」

この情報は2021年6月12日時点の情報となります。

チャンネル登録者数約9万人!高知県のじいちゃんばあちゃんYouTuber「チロちゃん」が、高知のさまざまな場所を巡り、魅力をたっぷりご紹介!
今回は、室戸市(むろとし)にある「室戸ドルフィンセンター」でイルカのトレーナー体験をしてみたぞ。
イルカが魅せる大ジャンプに大注目!!

line

じいちゃんばあちゃんYouTuber「チロちゃん」とは

チロちゃんユーチューバー

チロちゃんは、チャンネル登録者数9万人を超える人気YouTuber。

おちゃらけな反面、厳格さもある「じいちゃん」と、

おしゃれと料理が大好きな「ばあちゃん」。

その二人が繰り広げる何気ない日常を、孫の「チロちゃん」が撮影している。

 

かわいいイルカたちと触れ合える「室戸ドルフィンセンター」

高知市から東へ車で約2時間。室戸市へやってきた、じいちゃんとばあちゃん。

今回は「室戸ドルフィンセンター」で、イルカのトレーナー体験をやってみたぞ。

室戸ドルフィンセンターには、主に5種類の体験コースがある。

今回じいちゃんばあちゃんが挑戦するのは、写真真ん中の「トレーナー体験」。

写真などを用いて、ドルフィントレーナーによるイルカや海の環境に関するレクチャーを受け、イルカに触れたり、餌を与えたり、サインを出してイルカたちと遊べぶことのできるコースだ。

 

ドルフィントレーナーによる授業

まずはイルカについて、ドルフィントレーナーによるレクチャーを受けるじいちゃんばあちゃん。真剣に話を聞いている様子。

クイズ形式でイルカの生態に関する理解を深めていくぞ。みんなもチャレンジしてみよう!

イルカの鼻の位置を予想するじいちゃん。いいところ突いているのではないだろうか?

気になるクイズの答えは、チロちゃんのYouTubeチャンネルでチェック!

YouTubeで「2019 12 13 じいちゃんばあちゃんと室戸ドルフィンセンターへ」と検索してみてほしい。

さてお次は、3つのサインを覚えてイルカにお歌やダンス、ジャンプをさせるためのレクチャー。

一つ目はお歌のサイン。手をバンザイして音楽の先生(指揮者)のような動きをするぞ!両手で2つの半円をうまく描くようなイメージ。

二つ目はダンスのサイン。右手を前に出し、親指の向いている方へグルグルと手のひらを左回転させる。

じいちゃんは肩の運動にちょうどえい!と言いながら真剣にレクチャーを受ける。

最後はジャンプのサイン。このサインは少し難しいぞ、覚えられるかな?

まずは気をつけをした状態から、右手を体の前に出し、次にお腹に触れる。そして最後に頭上に向けて右手を勢いよく突き出す!

覚えられたかな?このサインがうまくできないと、イルカたちは空高くジャンプしてくれないぞ…

授業を終え、準備が整ったところでイルカのいるプールへと向かう。

 

初対面!イルカたちのいるプールへ

レクチャーを終え、野外にあるプールへ向かう、じいちゃんばあちゃん。

あれ?さっき覚えたはずのお歌のサインをはやくも忘れてしまったみたい。

プールでは、イルカのハル君とプッチちゃんがお出迎え!想像以上に大きいイルカたちに、少し怖がるじいちゃんばあちゃん…

でも大丈夫。イルカはとっても人懐っこく、人間を襲う習性はない。

まずは自己紹介。

体長2m60cm・体重200kg、尾ビレを一振りするとお相撲さん3人を吹き飛ばすくらいの力持ち、ハル君!

そして、人間でいうと26歳くらいのお年頃な女の子、プッチちゃん!

まずはハル君とプッチちゃんから挨拶がわりにチューのプレゼント。

だんだんとイルカたちに慣れてきて、心を許しはじめたじいちゃんばあちゃん。笑顔が増えてきたぞ!

少しずつイルカと触れ合いながら心の距離を詰めていこう。

さきほどの授業でお鼻の位置を習ったじいちゃん。実際にイルカに触れて、お鼻の位置を確認する。復習もバッチリだ!

イルカたちの体は、独特な質感をしている。手のひらで実際に触れてみて確認。

室戸ドルフィンセンターを訪れた方達はよく、ゴムや野菜のナスのような質感に似ていると言っているようだ。

イルカの口には、80〜100本の歯がズラーっと並んでいる。実はイルカはエサを食べる際、全く歯を使わず丸飲みする。
なので人間と違い、虫歯にはならないそうだ。イルカと触れ合いながら生態も学べる「トレーナー体験」。とっても貴重な時間である。

 

歌って踊って大ジャンプ!サインを出してイルカたちと遊ぼう!

トレーナーさんからレクチャーを受けた3つのサインを順番に出して、イルカたちと遊んでいく。みなさんも覚えているかな?

まずはお歌のサインからスタート!

さっそくサインを間違えるじいちゃん。そのサインは、ジャンプのサイン。笑

気を取り直して、お歌のサイン。手をバンザイして音楽の先生(指揮者)のような動きをしよう!

アウッアウッアウッ、ピューイ♪

イルカたちが頭を前後させながらお歌を歌う。バッチリ大成功!じいちゃんばあちゃんは拍手しながら、感激している。

お次はダンスのサイン。右手を前に出し、親指の向いている方へグルグルと手のひらを左回転。

イルカたちが手の動きに合わせて回転しながらダンスを披露する。

水の中で、器用に尾ビレや胸ビレを使いながらグルグルと回転しているのだ。

人間と違い、三半規管がないイルカたちは目が回ることがないそうだ。回り続けるイルカたちを見ていると、じいちゃんばあちゃんたちのほうが目が回りそう…

そして最後は、一番難しいジャンプのサイン。

まずは気をつけをした状態から、右手を体の前に出し、次にお腹に触れる。そして最後に頭上に向けて右手を勢いよく突き出す!すると…

ひょこっと水面から頭を出したかと思えば、深く水面に潜り、勢いよく大ジャンプ!!!

思いのほか高くジャンプするハル君にびっくりして「いやぁぁー怖いぃ〜」と言いながら逃げ出すじいちゃんばあちゃん。

必死で逃げ出す、じいちゃんばあちゃんを見て、大笑いする孫のチロちゃん。せっかくの大ジャンプを見逃したみたい。

最後はありがとうのお礼に大好物のエサをプレゼント。忘れられない一日になったね!

びしょ濡れになりながらもトレーナー体験、無事終了。ハル君、プッチちゃん、ありがとう!

 

別れ惜しいハル君とプッチちゃんは、ばあちゃんに水しぶきを飛ばし、まだまだ遊んで欲しそうな様子。また来ようね。

室戸ドルフィンセンターでイルカたちと触れ合い、心と体が若返ったじいちゃんばあちゃん。「100歳まで生きられるくらい元気が出た!」と大満足!

じいちゃんとばあちゃんから一言コメント

じいちゃん:水を散らされたのが衝撃的やった。水から逃げるがで足元が軽くなったわ!

ばあちゃん:水を散らされたのがとっても記憶に残ってる。よく仕込まれてるなぁ〜。

次回のYouTuber「チロちゃん」に関する記事もお楽しみに!

 

室戸ドルフィンセンター
住所:高知県室戸市室戸岬町字鯨浜6810-162
電話:0887-22-1245

文/さたけゆうや

※コロナ禍前に撮影された動画をもとに紹介しています。