高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram

絶品飯とも!柔らかな辛さと濃厚なカツオの旨味!中土佐町久礼の「漁師のラー油 カツオ」

この情報は2021年7月9日時点の情報となります。

高知県は食の宝庫!高知県各地で作られている「ごはんのお供」を、おすすめの食べ方とともに紹介していくシリーズ。第3弾は、高知県有数のカツオの水揚げ地であり、雄大な太平洋を望む中土佐町久礼の「漁師のラー油 カツオ」をご紹介。

line

「漁師のラー油 カツオ入り」をご紹介します

中土佐町久礼は、カツオの一本釣りを題材にした漫画「土佐の一本釣り」の舞台として有名な、高知県有数のカツオの水揚げ地である。

漁師が船の片側に一列に並び、長い竿で一尾、また一尾とカツオを釣り上げ、高々と跳ね上げる姿をテレビで見たことがある方も多いだろう。

一本釣りで釣り上げられたカツオは、魚体がきれいで、身の痛みが少ない。大量のカツオを引き上げる巻網漁法では、網の中でカツオが暴れてしまい、身が傷んだりすることがあるのだ。

中土佐町久礼では、久礼大正町市場をはじめ、町内各地でその日に水揚げされた一本釣りの新鮮なカツオを楽しむことができる。

真冬の休漁期が過ぎ、カツオ漁が始まれば、カツオを目当てに人々が押し寄せ、毎年5月の初鰹の時期に開催される「かつお祭り」の来場者は、1日に18,000人を超える。まさにカツオの町なのだ。

【保存版】鰹乃國・中土佐町大正町市場の鰹!かつお!カツオ商品オールラインナップ【今年もお世話になりました】

そんなカツオの町久礼で開発されたのが、「漁師のラー油 カツオ」である。

一本釣りの新鮮なカツオを、焼き節にしてからほぐし、唐辛子、フライドガーリック、フライドオニオンなどと合わせて仕上げる。工程はすべて手作業で、丁寧にじっくりと手間をかけて作られている。

たっぷりとごはんにのせても刺激が強すぎない、上品で柔らかな辛みと、確かなカツオの旨味で大人気のごはんのお供である。

 

 

カツオ、カツオ、カツオのちょい辛「漁師のラー油」

瓶をあけ、中を見てみればしっかりとしたカツオの身が入っていることが分かる。

皿にのせてから少し経つと、じんわりと油が広がっていき、これがまた食欲を誘う。

鼻を近づけてみれば、ラー油の香りが鼻腔に広がり、口の中に唾があふれていく。

ごはんの上にたっぷりとのせ、ひとくちいただいてみると、ほんのり柔らかな辛さがを感じる。

そしてひと噛み、ふた嚙みすると、カツオの風味が一気に口中に広がっていくのである。

ニンニクの香りが食欲をそそり、大きめのカツオを噛みしめれば、その力強い食感がまたうれしい。

茶碗一杯のごはんがすぐになくなってしまうのは、必至である。

 

漁師のラー油 バター醤油ごはん

これだけ力強い味ならば、この食べ方を試してみたくなる。

熱々、炊き立てのごはんの上に、バターをひとかけ落とし、醤油を少したらす。

そこにたっぷりの「漁師のラー油」をかける。

すぐにバターが溶け出し、「漁師のラー油」とご飯が一体化していくので、ざっくりざっくりとかき混ぜる。

仕上げにネギのみじん切りを散らしたら、ほっかほかのうちにスプーンですくい、口へと運ぶ。

バターの濃厚さとラー油の辛み、そしてカツオの旨味が混ざり合い、たまらない美味さとなる。

バターがごはんの底の方までしみ込んでいるので、お好みで「漁師のラー油」をさらに足しながら、一気に食べ進めていけば、本日2杯目のごはんも完食だ。

美味さ、お手軽さともにおすすめの食べ方である。

 

漁師のラー油 豆腐混ぜごはん

木綿豆腐と合わせるのは、食べるラー油のアレンジ定番であるが、これも「漁師のラー油」を使えば一味違うものとなる。

作り方は実に簡単だ。

まずは、木綿豆腐をスプーンで崩し、少しおいて出てきた水分を捨てる。そこに、お好みの量の「漁師のラー油」を加え、ざっくりとあえて、ご飯の上へ。卵黄をのせ、ネギをちらせば完成である。

卵黄をからめながらいただけば、その美味さに驚く。

豆腐とラー油が合わないはずはなく、するすると食べ進めることができる。またなにより、カツオの風味がたまらない。

淡白な豆腐と合わせることによって、カツオの豊かな美味さを強く感じるのだ。

さっぱりとした豆腐でボリュームが増し、十分な満腹感を得ることができる。

暑さで食欲が落ちる時期や、疲れ気味の時などに、程よい辛さが食欲を刺激するこの食べ方は、実におすすめである。

 

姉妹品の「漁師のラー油 いか大王」

「漁師のラー油 カツオ」には姉妹品の「漁師のラー油 いか大王」がある。

いか独特の甘味と豊かな風味が、柔らかなラー油の辛さとともに口に広がる。また、いかのクニュリとした食感が実に心地良い。

こちらもぜひ試していただきたい逸品である。

 

「漁師のラー油」のご購入はこちら

「漁師のラー油 カツオ」「漁師のラー油 いか大王」は高知県内のスーパーや、通販サイトなどでご購入いただける。

ど久礼もん企業組合のホームページのオンラインショップでもご購入いただけるので、ぜひ一度お試しいただきたい。

 

企画・ど久礼もん企業組合

住所:高知県高岡郡中土佐町久礼6530
TEL:0889-52-3822
HP:https://shop.dokuremon.com/