高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram

カジュアルランチに贅沢ランチ!ランチが美味しい高知のお店6選【高知市編】美食おじさんマッキー牧元の高知満腹日記セレクション

この情報は2021年7月25日時点の情報となります。

立ち食いそばから割烹、フレンチからエスニック、スイーツから居酒屋まで、年間600回外食をし、料理評論、紀行、雑誌寄稿、ラジオ、テレビ出演を超多忙にこなす美食おじさんことマッキー牧元さん。マッキーさんが高知の食材・生産者さんをめぐって紹介する「高知満腹日記」のなかで取り上げた高知市でいただけるランチ6店舗をご紹介!

line

高知と言えば「カツオ」に「お酒」が定番ですよね。

夜のお店はいろいろ探してたけど、ランチはどうしよう?という方に、美食おじさんマッキー牧元さんが高知を西から東まで食べ歩いて見つけた、美味しいランチがいただける高知市のお店6店をご紹介します。

地焼きが旨いウナギから、ビジュアル&味がインパクト大のハンバーガー、そして高知県民のソウルフードの〇〇〇まで、お楽しみください!

※記事内容は記事掲載時期のものです

 

高知のおすすめランチ その1「日本ハンバーガー会最高峰!?そびえ立つ高知『龍馬バーガー』の気合」高知県高知市帯屋町1丁目「5019 PREMIUM FACTORY」

高い。

日本ハンバーガー界で最高峰ではないだろうか。

目の前にそびえ立っているのは、高知「5019 PREMIUM FACTORY(ゴーイング プレミアム ファクトリー)」の「龍馬バーガー」である。

龍馬と名付けるからには、日本一のハンバーガーを作らないかん。

そう思ったのだろうか、気合の入り方が違う。

運ばれた瞬間に圧倒され、これは真剣に心して食べなくてはいけない、と思った。

「龍馬バーガー」の構造は、バンズ、パテ、チーズ、ナス、カツオフレーク、ピーマン、トマト、卵、レタス、バンズとなっている。

カツオが何よりの、他にはない個性だろう…

続きを読む▶▶日本ハンバーガー界最高峰!?そびえ立つ高知『龍馬バーガー』の気合

 

高知のおすすめランチ その2「名士に愛され続けた誠実の味 昭和の贅沢を味わいに行く」高知県高知市帯屋町1丁目

瀬戸内寂聴氏や山本一力氏、王貞治氏や五木寛之氏も愛するという誠実が、高知にある。

昭和26年創業の洋食屋「コックドール」である。

どの料理にも、昭和の丁寧な仕事が行き届いている。

その一つが「コンソメスープ」だろう。

フランス料理から仕事を受け継いだかつての日本の洋食屋には、必ずコンソメスープがあった。

しかし手間が恐ろしくかかるこのスープは、頼む人が少なくなったことも重なって、次第にメニューから消えていった。

東京や京都、大阪の洋食屋でも、用意している店は少ない。

しかし高知にはある。

「コックドール」のメニューを開けば、ポタージュと並んで記されている。

登場したコンソメは、澄んだ琥珀色に輝き、洋食屋の矜持がにじみ出ている。

飲めば、奥深い滋味が広がって、心を包み込む。

その気品こそが、この店の底力なのだろう…

続きを読む▶▶名士に愛され続けた誠実の味 昭和の贅沢を味わいに行く

 

高知のおすすめランチ その3「高知で一番のうなぎに惚れ込んだの巻」高知県高知市梅ノ辻「鰻屋 成八」

鼈甲色に輝くうなぎが、運ばれた。

思わず喉がなる。

焼き方にムラも、焦げもない。

食べれば、脂のしつこさがなく、香りに乱暴がなく、川魚特有の身の柔らかさと淡い旨味を噛み締め、しみじみ「うまいなあ」と呟く。

妙な筋もなく、ふんわりと崩れると、甘い脂の香りが立ち上がって、顔をだらしなくさせる。

高知は、かつてうなぎの養殖が盛んだったこともあって、鰻屋が多い。

何軒も出かけたが、おそらく高知で一番ではなかろうか…

続きを読む▶▶高知で一番のうなぎに惚れ込んだの巻

 

高知のおすすめランチ その4「心をほのぼのと温める、むし寿しの湯気の向こうに高知県人の優しさを見たの巻」高知県高知市帯屋町1丁目「菊寿し」

高知の寿司といえば、農家の人たちが作る「土佐田舎寿司」である。

それ以外に名物があるのだろうか?

しかも店は相当古そうである。

「昭和26年創業」と記され、菊紋がついた木製看板のうえには、赤い欄干が設えられている。

気になってしかたなく、入ってみることにした…

…おお、塗りの蒸籠に収まった姿が、可愛らしい。

酢の香りが温まって立ち上り、顔を包む。

具は右から、錦糸卵、しらすちくわ、でんぶ、グリンピース、ウツボのミンチの煮詰めがけ、玉子焼き、という布陣である。

整然と並んだ、黄色、こげ茶、白、緑、桃色の配色が、目に優しい…

続きを読む▶▶心をほのぼのと温める、むし寿しの湯気の向こうに高知県人の優しさを見たの巻

 

高知のおすすめランチ その5「美学が息づく、米と卵だけのいさぎよき玉子焼きめし」高知県高知市追手筋1丁目「ラーメン チョンマゲ」

出された瞬間に、息を飲んだ。

潔い炒飯、いや、焼めしである。

まん丸にまとめられた「チョンマゲ」の「玉子焼きめし」は、艶々と輝いて、我々を誘惑する。

そこには、チャーシューもネギも見当たらない。見えるは、米と卵だけである。

ああ、それなのに、どうしてこんなに誘われるのか。

それは自信かもしれない。

焼きめしには具は要りません。なぜなら、玉子とお米で十分においしいのですから。

我々は、玉子とお米で誰にも負けない焼めしを作ります。

潔い姿の焼めしは、そう言って佇んでいる…

続きを読む▶▶美学が息づく、米と卵だけのいさぎよき玉子焼きめし

 

高知のおすすめランチ その6「高知県人のソウルフード『くいしんぼ如月』のチキンナンバンを一度は食わんといかんの巻」高知県高知市「くいしんぼ如月」

高知でコンビニに入って、目が点になった。

店内に、ほっかほっか亭のような、弁当注文コーナーがあり、さらに奥には、厨房まであるではないか。

これが高知県人の隠れソウルフードといわれる、「チキンナンバン」を輩出した店、「くいしんぼ如月」である。

創業41周年、高知県人なら必ず食べたことがあるどころか、週一回以上食べていたという家庭が多いと聞く。

例えば、大学受験を経て県外の大学に行く高校生が、別れを告げにくる。

「県外に行っても、チキンナンバン食べるきね」。

「県外には如月、無いきよ」。

「えっ?」と、驚くという。

多くの高知県人は、日本全国に如月のチキンナンバンがあると信じて育つのであった…

続きを読む▶▶高知県人のソウルフード『くいしんぼ如月』のチキンナンバンを一度は食わんといかんの巻

 

高知市のランチ情報いかがでしたか?

この他にもたくさんの美味しいお店がありますので、コチラの記事も是非ご覧ください!

【ランチおすすめ記事】山深い秘境カレーから海の幸香る釜飯まで おすすめランチ6選【高知県 中・東部編】

【ランチおすすめ記事】イタリアン!かつお藁焼き!ウツボすき焼きに貝焼き!アレもコレも欲張りおすすめランチ7選【高知県 西部編】

【まとめ】高知のランチ記事検索一覧

【記事】あの店この店 地焼きでいただく高知の鰻屋を食べ歩き

【記事】高知でうどんをいただくならココ!行ってみて食べてみて高知のうどん店6選