高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram

アニメ映画の舞台で仁淀ブルーを近くに感じる新感覚リバーアクティビティ「ZAB TRIP」

この情報は2021年8月10日時点の情報となります。

自然豊かな高知県では、高知県観光キャンペーン「リョーマの休日」を開催中!
今回は越知町で体験できる新感覚のリバーアクティビティ「ZAB TRIP」を紹介します。

line

高知市中心部から、車で約1時間。仁淀川が流れる、自然豊かな里山の風景が魅力の越知(おち)町にやってきました。

今回は、ここ越知町で新感覚のリバーアクティビティにチャレンジ!

鎌井田(かまいだ)地区にある「有機高揚(ゆうきこうよう)」は、仁淀川で体験できるアクティビティを提供している会社です。

7月16日に公開された映画「竜とそばかすの姫」の舞台モデルになっている、浅尾(あそお)沈下橋のすぐそばに集合場所があります。

体験をナビゲートしてくださるのは、オーナーの宮下さん。

長野県出身で、ラフティング歴10年を超えるベテランガイドです。

高知県内でラフティングガイドを行うなかで、仁淀川に出会った宮下さん。

流れが穏やかな日が多く、仁淀川を取り巻く気候や自然が、自分の性格に合っていると感じたのだそう。

ラフティングといえば「激流を下るスリリングなスポーツ」というイメージがありましたが、有機高揚の体験プログラムでは、仁淀川の風景を楽しみながら幅広い年齢層の方が挑戦できるのが魅力です。

体験では、「ZAB」と呼ばれる有機高揚オリジナルのアイテムを使います。

その名の通り、大きな座布団のようなかたちで、座った状態で漕げば、安定感抜群。

視点が低く、間近に水面を感じられるのが魅力です。

流れに身を任せながら漕ぐと、徐々にスピードが出てくるのが面白い!

風を切って進む感覚がやみつきになってきます。

流れが早いポイントでは、すこしハードな体験も。

安定感のある乗り心地に加え、コンパクトで小回りが利くZABだからこそ、川下りがさらに面白くなるようです!

ゴールポイントは浅尾沈下橋のすぐ手前。

流れがゆるやかなので、周りの景色に癒されながらのんびり。

川から沈下橋を眺めるのは、川下りならではの体験かも…!?

橋の上や川岸から見るのとはまた違った視点で、沈下橋を楽しんでみてくださいね!

 

晴れた日の川下りはもちろん最高ですが、時間帯によって、その時しか見ることのできない風景に出会えるのも大きな魅力です。

今回は、体験開始の10時頃には霧がかかった幻想的な里山の風景を楽しみ、

体験が終わる12時過ぎ頃には水面に陽が差してきて、時間とともに変化する美しい仁淀ブルーを堪能することができました!

ZAB TRIPのほかにも、複数人でボートを漕いで楽しめるラフティングのメニューもあります。

体力・経験・年齢・人数にあわせて、メニューを選ぶことができて、集合場所には着替えスペースがあり、ヘルメットやライフジャケットも完備。

自家用車が無い場合は、最寄りのJR佐川駅まで車での送迎を予約することもできます。

濡れてもいい服と靴、着替えを用意していけば、気軽に遊びに行ける有機高揚。

通常の午前・午後のツアーに加えて、季節限定の夕陽ツアーやZABを使ったヨガ体験も今後展開されるのだとか。

美しい風景と、ここでしかできない川遊びを、ぜひ体感しに来てくださいね♪

 

有機高揚

住所:高知県高岡郡越知町鎌井田本村852-2
電話:070-1047-0248(受付時間:午前9時〜午後6時)
HP:https://www.yukikoyo.com/
メール:niyodogawa@yukikoyo.com
LINE公式アカウント:@yukikoyo
Instagram:@yuki_koyo_2020

 


情報提供:リョーマの休日キャンペーン推進委員会
高知県観光キャンペーン「リョーマの休日」特設サイト

https://kochi-experience.jp/

大自然を体感するアクティビティをはじめ、カツオの藁焼き体験や、土佐和紙の紙すき体験など、地元の人とふれあいながらほっこり楽しむことができる体験プログラムも充実し、訪れる人それぞれが、魅力的な休日を堪能することができます。

あなただけの新しい休日を、高知で見つけませんか?

「 リョーマの休日 」 で今すぐ検索!