高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • mail

「同世代の蔵元と返杯! 南酒造場編」ほっとこうちスタッフが行く高知の酒蔵返杯旅

この情報は2018年10月16日時点の情報となります。

「とりあえず酒があれば生きていける」がモットーの「ほっとこうち」随一の酒好きスタッフ三好が高知の酒蔵を旅する。今回は安田町の南酒造場で若き蔵元と返杯!

line

安田町にやって来ました!今回は「南」でお馴染みの南酒造場さんにお邪魔します。

早速Let’s Go!

南さん:「来ましたね三好さん! 今日はうちの『南』で返杯しましょう。」

現れたのは今年お父様の後を引き継いで、27歳に若さで社長に就任した南 知秀(みなみ ともひで)さん。

三好:「こんにちは! 『南』美味しいですよね! 早く飲みたい!」

 

と、その前に! まずは蔵内部をチラ見せ

返杯で酔っぱらう前に恒例の蔵内部をご案内〜!

昭和12年に建てられ、酒造りの規模が拡大するにしたがって徐々に大きくなっていったという蔵の内部は、歴史の重みを感じる雰囲気。

火入れした日を記している大きなタンクがズラリ!

※火入れとは、加熱処理のこと。品質が変化しやすい日本酒に火入れすることで、美味しい状態で飲み手のもとへ届く。

こちらは貯蔵庫。

「部屋全体が冷蔵庫になっているので、とっても寒いでしょ?」と笑う南さん。

次のページを見る