高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

ぺら焼き?たたきバーガー?食べてみて!高知のSクラスなB級グルメ5選 美食おじさんマッキー牧元の高知満腹日記セレクション

この情報は2021年8月15日時点の情報となります。

立ち食いそばから割烹、フレンチからエスニック、スイーツから居酒屋まで、年間600回外食をし、料理評論、紀行、雑誌寄稿、ラジオ、テレビ出演を超多忙にこなす美食おじさんことマッキー牧元さん。マッキーさんが高知の食材・生産者さんをめぐって紹介する「高知満腹日記」のなかで、王道の和食やイタリアンを押しのけて食べてほしい「SクラスなB級グルメ」5選をご紹介!

line

高知といえば、かつおのタタキ!…ですが、高知でこのお店の前を通りかかったなら絶対食べてほしい『SクラスなB級グルメ』がたくさんあるんです。

高知県内の和食、イタリアン、フレンチのランチ、ディナーを食べまくっている美食おじさんこと、マッキー牧元さんを唸らせた、そんな『SクラスなB級グルメ』5選を紹介します。

※各記事中の情報は、各記事公開時のものになります。

 

高知のSクラスB級グルメ!その1「海の呼吸が聞こえるところ天」高知県高岡郡中土佐町久礼

海の味がした。

海底の味がした。

今まで食べてきたところ天とは違う、純真な味に包まれた。

「久礼に来たからには、ところ天を食べんといかん」。b

そう言って連れて行かれたのは、町外れにある一軒家だった。

店の前では「土佐久礼名産 ところ天」と書かれた青い暖簾が、風に舞っている。

「いらっしゃいませ」。

出迎えてくれたのは、「高知屋」店主の本井友子さんである。

優しい目をされた三代目女店主に、「ところ天ください」と声をかけると、「はい」と微笑んで、さらに目が優しくなった…

続きを読む▶▶「海の呼吸が聞こえるところ天」

 

高知のSクラスB級グルメ!その2『あんた、土佐清水市民のソウルフード「ぺら焼き」知っちゅう?』高知県土佐清水市中央町「にしむら」越前町「お好み焼きタッチ」

「もう10年は頑張らんとな。ははは」。

75歳になられた、元祖ぺら焼き「にしむら」の三代目店主中山郁子さんは、そう言って笑われた。

お母さんもおばあちゃんも、80過ぎまで焼いていたという。

土佐清水の人たちのソウルフード、「ぺら焼き」とはなにか?

小麦粉と水、卵液を混ぜた生地を、鉄板に薄くのばす。

宗田節粉、青ネギ、天ぷら(さつま揚げ)を乗せたのち、生地を注ぐ。さらにもう一個卵を割って溶き、かける。

そして裏返し、コテでペタペタと押さえる。

また押さえたら、ソースを塗って折りたたみ、上にソースを塗って完成である…

続きを読む▶▶あんた、土佐清水市民のソウルフード『ぺら焼き』知っちゅう?

 

高知のSクラスB級グルメ!その3『ビーフパテなんていらないじゃん!威風堂々B級のエース カツオたたきバーガー』高知県幡多郡黒潮町浮鞭「道の駅ビオスおおがた ひなたや食堂」

「カツオたたきバーガー」である。

いくら高知はカツオのたたきが名物だからといって、ハンバーガーにすることはないじゃないか。

味の想像がつかない。

バンズと合うのか? トマトと合うのか?

想像がつかない。

世にフィッシュバーガーは数多くあるけど、どれも白身魚である。

カツオで作るのは、無理があるのではなかろうか。

450円と高めの値段でもある。

さらには、このバーガーは高校生が考えたという。

ますます不安になった…

続きを読む▶▶ビーフパテなんていらないじゃん!威風堂々B級のエース カツオたたきバーガー

 

高知のSクラスB級グルメ!その4『高知の濃ゆい焼きそばに恋をしたの巻』高知県香南市赤岡町弁天通「いづみ屋食堂」

「おお。焼きそばの予約注文が、ずいぶんと入ってるんだなあ」。

赤岡の「いづみや食堂」に入った瞬間に、そう思った。

なにしろ、1メートル半はあろうかと思われる横長の鉄板一面に、焼きそば麺が広げられ、じわじわと焼かれているのである。

おそらくその量は、30人前はあるだろう。

外の看板には、「愛されつづける味 とんぺい焼き 焼きそば いづみ屋」と書かれ、おばちゃんと丸坊主のおっちゃんの絵が描かれている。

すでに店内には、常連らしきおじさんが二人鉄板前に座り、焼きそばを食べるわけでもなく、酒を飲みながら世間話をしている。

「焼きそばください」。

「一人前?」と、おばちゃんが聞いて、作り始めた…

続きを読む▶▶高知の濃ゆい焼きそばに恋をしたの巻

 

高知のSクラスB級グルメ!その5『日本一固い菓子 ケンピ』高知県香南市赤岡町「西川屋」

「歯が立たない」。

この比喩言葉の“真実”を教えてくれる菓子に出会った。

創業400数年、土佐藩御用達菓子匠、赤岡「西川屋」のケンピは、日本一固い菓子である。

絶対前歯で噛んではいけない。

小麦粉とごくごく少量の卵、水と砂糖だけの菓子は、犬歯で噛み砕こうとしても、ビクともしない。

もっと気合いを入れろと迫ってくる。

だから奥歯までケンピを射し込んで、噛み切るというより、割る。

自信のない方は、しばし口の中で湿らせてから、がリッとやる。

ガリッ、コリッ、ガリッ、コリッ、ガリッ、コリッ。

口の中で壮大な音が立ち、脳内に響き渡る…

続きを読む▶▶日本一固い菓子

 

高知のSクラスなB級グルメ5選、いかがでしたか?

気が付くと、あれ?写真がみんな茶色になっちゃいましたね。

つまり、美味しいものは茶色!ってことで、今度は茶色グルメ特集でもしてみますね。

それでは、また次回をお楽しみに!

【記事】カジュアルランチに贅沢ランチ!ランチが美味しい高知のお店6選【高知市編】