高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram

ガツンとくるスパイス&ボリューム!病みつきになるインドカレー「カレー酒場SCRAMBLE EDGE」ほっとこうちオススメ高知ランチ情報

この情報は2021年9月9日時点の情報となります。

    高知を元気にする応援団を屋号に掲げる出版社「ほっとこうち」がオススメする、高知のランチ情報を紹介していくシリーズ。今回はカレーとお酒が楽しめる珍しいお店のランチカレーをご紹介!

    line

    高知市中心商店街「ひろめ市場」や「オーテピア高知図書館」から東側に歩いて1分、なにやら「カレーランチ」と書かれた旗が見える。

    誘われるようにビルの3階へ登っていくと、今回紹介するお店「カレー酒場SCRAMBLE EDGE」に到着する。

    中に入ってみると、カウンターには感染症対策のビニールシートが張られていた。

    「カレーとお酒が楽しめるお店」がコンセプトということで、バーラウンジのような内装。

    店主は現役バンドマンということで、店内の一角には何本ものギターが置かれていて、過去には週1回ペースで店内ライブを開催していたそうだが、現在は感染症の影響で自粛しているとのこと。

    メニューはこちら。

    せっかくなので、チキンカレーとキーマカレーの2種類が楽しめる「合いがけ(1400円)」を頂く。

    「ガッツリ食べて欲しい」という店主の思いから気持ち多めの盛り付けになっているのだそう。軽めに食べたい方は、200円引きでハーフにもできる。

    席へ運ばれてくる段階からスパイスが香り、食欲を掻き立てる。

    到着したカレーは、とても鮮やか!

    サラリとしたルーの中に大きな鶏肉がゴロゴロと転がっている「チキンカレー」と、ひき肉の香りとスパイスの香りがガツンとくる「キーマカレー」。

    2種類のカレーが、丸く盛り付けられたご飯の上に重なっている。

    そして、その側に紫たまねぎ、きゅうり、トマトとベビーリーフの入ったサラダ、ゆで卵、辛味調節用の唐辛子が添えられている。

    辛抱たまらず早速パクリ。

    その瞬間、豪快な肉の食感と旨味、そして強烈なスパイスの波が合わさり口の中を刺激する。

    辛さは備え付けの唐辛子で自分好みに調節可能なので、辛すぎることは無く食べやすい。

    複雑に合わさったスパイスの香ばしい香りが、食べれば食べるほど食欲を沸き立たせるのを感じる。

    店主曰く、「大きな肉とスパイスでガッツリ食べたくなるような、エッジのきいたパンチのあるカレーを作りたい」という思いから、全国のカレーを食べ歩き、度重なる研究の末に完成した自信の一皿。

    なるほど、納得の味だ。

    食べ始めて中盤戦、店主にオススメされたのが1品プラス100円で頼めるトッピングメニューの「アチャール」(写真左)と「ガラムマサラ」(写真右)。

    「アチャール」とはインドの漬物のようなもので、インドから輸入した青唐辛子のアチャールを頂くことに。

    青唐辛子だけに激辛なのでは…と恐る恐る口に運ぶが、程よい辛さ。アチャールの酸味と気持ちの良い辛さが、カレーの旨さをグッと深くする。

    そして、特製のガラムマサラを加えることで、辛さと刺激が増幅。スパイス好きにはたまらない一皿に仕上げてくれる。

    ランチタイムにはカレーのテイクアウトも可能とのこと。

    そして酒場というだけあり、ドリンクメニューにはたくさんのお酒が。

    夜にはカレーをあてにお酒を飲むお客さんや、〆にカレーを食べにくるお客さんもいるとか。カレー以外のおつまみメニューもあるらしい。

    確かに、ここのカレーはビールに合いそうだ。

    バンドリーダー兼ベースボーカルを担当しているという、現役バンドマンの店主 上村さんにお店のこだわりを伺ってみた。

    -お店の名前の由来はなんですか?

    上村さん:自分たちのバンド名「SCRAMBLE EDGE」からそのまま持ってきました(笑)。バンド名の由来は、エッジの効いた個性のある音がぶつかり合うっていう意味でつけたんです。そういう意味では、個性的でエッジのあるカレーにしたいという願いがお店の方ではありますね。

    -お店のこだわりはなんですか?

    上村さん:自分が食べ応えのある肉が入ったスパイシーなカレーが好きなので、ガツンと食べられるカレーにこだわってます。インドの本場カレーと日本人ウケしやすい比較的マイルドなカレーの絶妙なバランスを保ちつつ、日本人でも食べやすいスパイシーさにすることを心がけています。

    -カレーへのこだわりがすごいですね!上村さんのカレー好きがすごく伝わります。

    上村さん:そうですね。このお店を始める前から、カレーの食べ歩きや独学でカレーの研究をしていました。その中で出会ったある人の「カレーは味噌汁のようなもの」という言葉が好きで。味噌汁は各家庭で味が違うと思うんですが、カレーも家庭によって味が違う料理なんです。だから、作る人の個性が出やすいっていうところがカレーの魅力の1つですね。

    先月2周年を迎えた「カレー酒場 SCRAMBL EDGE」。足繁く通うリピーターがおり、こだわりのカレーが放つ個性が多くの人を魅了しているようだ。

     

    カレー酒場 SCRAMBLE EDGE

    住所:高知市帯屋町1-14-21 六本木ビル3F

    営業時間:正午~午後2時、午後7時~午前1時
    定休日:日曜、月曜は夜営業のみ


     

    提供:ほっとこうち
    https://hotkochi.co.jp/