高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram

充実のお子様プレートやふわふわパンケーキにファン多数!オシャレなくつろぎ空間でいただくワンプレートランチ「I.ma tapo.factory」ほっとこうちオススメ高知ランチ情報

この情報は2021年9月13日時点の情報となります。

高知を元気にする応援団を屋号に掲げる出版社「ほっとこうち」がオススメする、高知のグルメ情報を紹介していくシリーズ。
今回は葛島にあるカフェ「I.ma tapo.factory(アイマタポファクトリー)」をご紹介!

line

高知市中心部から車で約10分。葛島の住宅街の一角に佇むおしゃれなカフェ「I.ma tapo.factory(アイマタポファクトリー)」が今回紹介するお店。

ランチにカフェタイム、ディナーまで。シーンに合わせた利用ができるお店となっている。

優しい光が入り込むモダンな店内には、アートや写真が飾られている。フォトグラファーであるオーナーのセンスが光る、どこを撮っても絵になるフォトジェニックな空間だ。

店内は靴を脱いで上がるスタイルで、テーブル席、カウンター席、個室から選ぶことができる。

 

ベビーチェアやテーブルチェア、バウンサー、キッズ用のスプーンやフォークなどの貸し出しをしており、お子様連れで気兼ねなく楽しむことができる。

人気の「大人のプレートランチ」(1200円)は、ドリンクとミニデザートがセットになっている。彩の良い華やかな見た目だけでなく、栄養面や味のバランスが考えられた内容となっている。

メイン料理は週替わりとなっていて、使用されるプレートの形や色が時折違っているのも楽しみの一つだ。

キッズメニューには、こちらのプレート「アイムハングリー」(750円)や量を少なめにした「アイムノットハングリー」(550円)、「ナチュラルうどん」(250円)があり、嬉しいドリンク付き。

テイクアウトできるフワフワの「I.maのパンケーキ」(750円)は、天気のいい日は近くの公園で食べるのがおすすめ。

店主の柳川さんにお話を伺った。

-「I.ma tapo.factory(アイマタポファクトリー)」の名前に込められた想いなどはありますか?

柳川さん:店名の「I.ma(アイマ)」は、ローマ字読みすると「いま=居間」となり、自宅のリビングのようなくつろぎ空間になれば、という思いを込めました。

-お店や料理に対するこだわりや大切にしていることを教えてください。

柳川さん: 黒を基調とした落ち着いた内装で、お客様それぞれの時間をゆっくり過ごしていただけるようにしています。ローカウンターにはコンセントもついてますので、ちょっとしたお仕事や勉強などをされる方もいらっしゃいます。料理は、自分の作りたいもの、やりたい事を形にしています。美味しいだけじゃなくて、見て楽しい、わくわくする、写真を撮りたくなるようなものを考えています。

-読者に一言お願いします。

柳川さん: ランチ・カフェ・ディナーと、どの時間もゆっくりお過ごしいただける空間づくりを心がけています。ご好評いただいている「今月のパンケーキ」は、売り切れの場合がございますので、ご予約の上、来店いただくことをおすすめいたします。

プレートに好きなキャラクターやメッセージを描いてくれるイラストプレートや、誕生日などのお祝いに嬉しいバースデープレートやオーダーケーキなど、要望に合わせた嬉しいサービスがたくさん!事前に予約しておくと、いろいろと相談にのってもらえるそうだ。

家族と友達と、そしてお一人で。いつでも快適に過ごせるI.ma tapo.factoryで、思い思いの時間を過ごしてみてはいかが。

 

I.ma tapo.factory

住所:高知市葛島3-14-35 1F
TEL:088-881-6062
営業時間:午前11時~午後5時、午後6時〜午後9時
定休日:火曜、第2水曜
P:有り

 

提供:ほっとこうち
https://hotkochi.co.jp/