高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

500年以上の歴史を持つ「花炭」をふれあいの里 柳野で手作り体験!高知のじいちゃんばあちゃんYouTuber「チロちゃん」

この情報は2021年10月16日時点の情報となります。

チャンネル登録者数10万人突破!高知県のじいちゃんばあちゃんYouTuber「チロちゃん」が、高知のさまざまな場所を巡り、魅力をたっぷりご紹介!
今回はいの町にある「ふれあいの里 柳野」で、花炭作り体験をしてみたぞ。

line

じいちゃんばあちゃんYouTuber「チロちゃん」とは

チロちゃんユーチューバー

チロちゃんは、チャンネル登録者数10万人を超える人気YouTuber。

おちゃらけな反面、厳格さもある「じいちゃん」と、おしゃれと料理が大好きな「ばあちゃん」。

その二人が繰り広げる何気ない日常を、孫の「チロちゃん」が撮影している。

 

500年以上の歴史を持つ美しい炭「花炭」

高知市中心部から車で西へ約50分。高知県中部に位置する、いの町吾北地区へとやってきた、 じいちゃんばあちゃん。

今回は「ふれあいの里 柳野」で、花炭作り体験に挑戦するぞ!

花炭は別名「飾り炭」と呼ばれ、500年以上前から茶の湯の世界で使用されてきた見た目の美しい炭だ。

今回の体験では、松ぼっくりと栗のイガを使い花炭作り体験を行う。

まずは七輪を使って火起こしからスタート。火種ができたら、木炭を投入していく。

ばあちゃんがうちわを使って火を起こすが、なかなか火が大きくならない…

選手交代!剛腕のじいちゃんの出番だ、みるみるうちに火が大きくなっていく。

火を起こせたら、金属の缶を用意し、花炭にしたい松ぼっくりと栗のイガを選んで中へ入れていく。

この松ぼっくりや栗のイガは、地元の方々や近所の子供たちが拾ってきてくれたものだそう。

缶の中へ松ぼっくりと栗のイガを詰め終えたらフタを閉じ、先ほどの七輪の上へ置いて炭化させる。

完全に炭化するまでばあちゃんは、しばらく休憩。じいちゃんは火加減を管理する。

少し煙にむせながらも、ひとときも目を離さないじいちゃん。これは良い花炭ができそうだ!

 

素材の良さが活きた花炭が完成!

加熱すること数十分、缶から煙が出なくなったら仕上がりの合図。

しっかりと熱を取り、缶を開けると黒々とした松ぼっくりと栗のイガが出てきた。

きれいに仕上がった花炭を見て二人は「上等!よう出来ちゅう!」と大喜び。

見た目の美しい花炭は、インテリアとしてだけではなく、脱臭剤としても使える。

花炭をどこに飾ろうか?と話し合いながら、帰路につくじいちゃんばあちゃんであった。

 

じいちゃんとばあちゃんから一言コメント

じいちゃん:満足のいく素晴らしい作品が出来ました!早速、部屋に飾りました。

ばあちゃん:子供の頃に焚き火した時、真っ黒な松ぼっくりが残っていた記憶がある。その頃を思い出させてくれるいい体験でした!

次回のYouTuber「チロちゃん」記事もお楽しみに!

 

「ふれあいの里 柳野」では、地元農産品の販売や炭焼き体験の他、そば打ち体験やこんにゃく作り体験もある。

【記事】いの町「ふれあいの里 柳野」で地元名物の蕎麦とお茶を味わう!

 

ふれあいの里 柳野(集落活動センター柳野)

住所:高知県吾川郡いの町小川柳野2482
電話: 088-868-2148

文/さたけゆうや