高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

ザクザク食感の骨つき唐揚げを豪快にガブリ!「レストランかとり」ほっとこうちオススメ高知ランチ情報

この情報は2021年10月7日時点の情報となります。

高知を元気にする応援団を屋号に掲げる出版社「ほっとこうち」がオススメする、高知のランチ情報を紹介していくシリーズ!
今回は香南市にある老舗料理屋「レストランかとり」をご紹介します!

line

高知市中心部から車で30分弱。国道55号線を東に進むと、右手に見えてくるのが今回ご紹介する「レストランかとり」。

写真左に見える、大きな赤いカサゴのオブジェが目印。

こちらのお店は旅館を併設したレストランで、今年で創業55年になる老舗だ。

広々とした店内にはテーブル席と小上がりになった座敷席があり、昔ながらの食堂の雰囲気。

 

3名からは2階にある完全個室の座敷を利用することができるので、子ども連れの方など、周りを気にせずゆっくりと食事ができるのが嬉しい。

今回紹介するのは、ここに来たらコレを食べなきゃ損!と言っても過言ではない大人気メニュー「からあげ定食」(1100円)。

知る人ぞ知る「かとりの唐揚げ」は、香味の効いたタレに漬け込んだ鶏肉に、ザクザク食感の衣が美味しいと評判。

骨付きなので、骨部分を持ちながら豪快にいただくのが地元流。

そのままでももちろん美味しいけれど、唐辛子の効いた「秘伝のあじ塩」を付けて食べれば、ピリッとした辛みと塩けに食べる手が止まらないっ!

こちらは「酢豚」(950円)。大振りの具材に酢と干し椎茸などの出汁が効いたタレが絡まった人気のメニュー。この甘酸っぱさがたまらなく美味しい!

昔ながらの銀皿に盛られていて、老舗の風格を感じられる一皿だ。

店員の近藤さんにお話を伺った。

-「レストランかとり」という名前の由来はありますか?

近藤さん:名前は私の祖母が付けました。近くに「かとり神社」という神社があって、 この地区の土地神様ということもあり、商売繁盛の意味も込めて「かとり」という名前を使わせてもらっています。

-道路向かいの第2駐車場にある手のオブジェは何か意味があるんですか?

近藤さん:特に意味はありませんが、第2駐車場では自分で作った野菜を良心市形式で売っているので、目立てばいいなと思って置いています。店前の赤いカサゴもそうです。

良心市の野菜は安くて美味しいと巷では少し有名なんですよ!ちなみに、自分でつくった白菜、かぼちゃ、玉ねぎ、じゃがいもなどはお店でも使っています。

-テイクアウトメニューはどんなものがありますか?

近藤さん:テイクアウトメニューは約30種類ほどあります。人気な料理を挙げると唐揚げ、酢豚はもちろん、エビフライ、オムライス、ニラ塩焼きそば、ポークチャップなどです。パック代とレジ袋代が別途かかりますが、容器を持参してくださればそれにお入れすることもできますよ!気軽にお電話・ご来店ください。

昔から変わらない美味しい料理を提供し、香南市民に愛され続けている「レストランかとり」は。クセになる「かとりの唐揚げ」を食べに、ぜひ1度訪れてみて!

 

レストランかとり

住所:香南市野市町東野1955-2
TEL:0887-55-3133
営業時間:午前11時〜午後2時、午後5時〜午後9時 
※時短要請など状況によっては営業時間に変動あり
休:無休
P:有り

 

提供:ほっとこうち
https://hotkochi.co.jp/