高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram

高知県メディア初潜入! 高知名物「ミレービスケット」製造の始まりは名古屋にあり!?

この情報は2018年11月27日時点の情報となります。

高知名物として知名度の高いミレービスケット。実は製造工程の始まりは名古屋にあるとか?
ミレービスケットの”源流点”に高知県内メディアとして初潜入だ!

line

一度食べると止まらないクセになる味が人気を呼び、高知県はもとより全国にファンを拡大しているミレービスケット。

一般的には高知県の野村煎豆加工店が製造する「高知県のご当地お菓子」とされることが多いが、ミレービスケットを油で揚げる前のビスケット生地は名古屋で製造されているという情報を聞きつけた取材班。

その真相を確かめるべく、取材班は名古屋へ向かった。

 

老舗菓子メーカー 三ツ矢製菓へ

訪れたのは名古屋市に本社を構える「三ツ矢製菓」。創業は大正7年、会社としては昭和6年にキャンディーやゼリービーンズを作る菓子メーカーとして設立された老舗製菓会社だ。

話を聞かせてくれたのは総務部長の水谷さん。

―高知のミレービスケットの生地をこちらで作られていると聞いたのですが、本当ですか?

水谷さん:「はい、本当です。今から50年ほど前、昭和40年代に明治製菓(現在の社名は『明治』)からミレーの製造を引き継ぎました。野村煎豆加工店さんは当社が製造を始める前、つまり明治製菓でミレーを製造していた時代から取引があったようですので、ミレーとのつながりでいうと当社より野村さんの方が長いということになりますね。」

―ミレーの語源はなんですか?

水谷さん:「残念ながら、語源はよくわからないんです。ただ、「ミレー」の商標を持つ明治にライセンス料を払っているのは当社だけなので、当社で作ったビスケット生地以外は「ミレー」を名乗れないことになっています。会社によって「ミレービスケット」といったり「ミレーフライ」といったり、様々な名称で販売されています。」

やはり、高知のミレービスケットの源流点は名古屋にあるようだ。

今回は特別に、ミレービスケットのモトとなる素焼きのミレーを製造している現場を見せてもらえることに。

次のページを見る