高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

カツオ人間と高知県民の出会いを描く物語!第一話「ふるさとのお茶」

この情報は2021年12月4日時点の情報となります。

    高知県を代表するゆるキャラ「カツオ人間」が、高知県のさまざまな市町村を巡り、地元ならではの物語をお届けするショートムービー「カツオ人間・ザ・ムービー2『カツオ、ただいま出張中。』」
    高知県の美しい景色やおいしい県産品、人情味あふれる高知県民とのふれあいを描く。

    line

    登場人物の紹介

    カツオ人間(高知県を代表する「ゆるくない」キャラ)

    高知県土佐沖出身。趣味はサーフィンと一本釣り。

    2011年から銀座・高知県アンテナショップのPR大使を務め、2013年には特命課長に就任、2017年からは高知県まとめサイト「高知家の〇〇」の副編集長。

    局長(正体不明の上司)

    カツオ人間の上司。高知県のためになること常に考えている。

    部下であるカツオ人間に電話で指示を出し、「おてつだいプロジェクト」統括。

    県庁職員(カツオ人間が大スキ)

    カツオ人間と共に高知県庁で働く県庁職員。仕事終わりのおきゃく(酒宴)が大スキ。

    岸本憲明(お茶と故郷を愛し続ける)

    仁淀川町沢渡(さわたり)地区で祖父の茶畑を受け継ぎ、土佐茶の歴史を守り抜く男。

    谷脇洋輔(土佐茶の達人)

    土佐茶の達人として、岸本憲明さん茶畑でアドバイスや手伝いを行う男。

     

    第一話「ふるさとのお茶」のあらすじ

    カツオ人間の上司である局長は、仕事をサボるカツオ人間を見兼ねて、新たなプロジェクトを発足。

    それは「高知県の忙しい人々を手伝いに行く」というプロジェクトであった。

     

    局長に言われるがまま、高知県のあらゆる市町村へと足を運ぶカツオ人間。

    そこで繰り広げられる地元ならではの物語を通して、高知県の魅力を体感していくこととなる。

     

    今回は、お茶の生産が盛んな仁淀川町沢渡(さわたり)地区を訪れた。

    そこで出会ったのは「土佐茶を愛する一人の男」だった。

    土佐茶の作業を手伝いをすることになるが、カツオ人間はしっかりとお役に立てるのか…

    カツオ人間が繰り広げる大冒険はここから始まる!

     

    「カツオ人間・ザ・ムービー2『カツオ、ただいま出張中。』」

    第一話「ふるさとのお茶」は、こちらからご覧ください。

    仁淀川町沢渡地区の美しい光景と、お茶作りへの熱い想いが込められたショートムービー!

     

    文/さたけゆうや