高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

高知を食べ尽くしたフードジャーナリストが友人知人に真っ先にすすめる カツオの刺身の概念が変わる店「ゆう喜屋」 美食おじさんマッキー牧元の高知満腹日記

この情報は2021年12月12日時点の情報となります。

立ち食いそばから割烹、フレンチからエスニック、スィーツから居酒屋まで、年間600回外食をし、料理評論、紀行、雑誌寄稿、ラジオ、テレビ出演を超多忙にこなす美食おじさんことマッキー牧元さんが高知の食材・生産者さんをめぐって紹介する「高知満腹日記」。今回は、数ある高知の店の中でも、カツオの刺身の概念が変わるとマッキーさんに言わしめた「ゆう喜屋」を訪ねました。

line

「高知に今度行くんだけど、どこかおいしいところ教えてください」。

近年、知人や友人から、そう聞かれることが多くなった。

その時、真っ先に教えるのが、ここ「ゆう喜屋(ゆうきや)」である。

高知を旅する初心者にとって、まず食べ物でイメージするのは鰹のタタキだろう。

高知を代表する料理で、街を歩けばどの店も鰹のタタキを置いてある。

それらの店は東京で食べるそれより、質は高い。

だが、その中で「ゆう喜屋」は図抜けている。

この店を紹介する時、僕は必ず言う。

「カツオの刺身の概念が変わるから」。

実際何人もお連れして、みなさん食べた瞬間に、目を丸くしながら崩れ落ちた。

「カツオの刺身嫌いだったんです」という人も、幸せによがりながら崩れ落ちた。

6月が一番いいが、どんな季節であれ、どんな天候であれ、ご主人は最高のカツオを用意して、料理してくれる。

それは一種の魔法であるとしか思えない。

この11月に訪ねた時も「銀皮作りでお願いします」と、注文した。

すると、「今日のカツオは皮が硬かったので、半分皮を引いて銀皮にしました」と言って出してくれた。

この辺りが憎い。

カツオを知り尽くしたご主人だからこそ、なせる技である。

食べれば、モチモチとした食感で、脂がねっとりと乗っている。

たたき造りではないので、カツオのカツオたる血潮の香りが口に広がって、鼻に抜けていく。

それはもう、コーフン以外の何物でもない。

こうしてカツオで十二分に満足できるのだが、この店の魅力はそれだけではない。

どの魚を頼んでも驚きがある。

息を呑む。

そういう表現があるが、「ゆう喜屋」で刺身が運ばれた瞬間、まさにそれが起きる。

美しい。

手をつけることを躊躇わせるような、毅然とした美しさが息をしている。

もう何回もこの店に訪れた。

何回も刺身を食べた。

だが毎回、刺身が登場するたびに、息を呑むのである。

カンパチは、もっちりとして品のある脂を舌に広げる。

 

 アジは、こんなに身の張ってるアジを食べたことはないと思うほど、歯に食い込み、自らの命の甘みを爆発させる。

アコウは、シコっと弾んだ後にモチモチとした食感が続き、噛んでいくうちに甘みが膨らんでいく。

カツオのハランボ焼きは、一噛みした瞬間に「うまいっ」と叫ばせる力がみなぎっている。

アコウのあら炊きは、煮込まれてもなお爆ぜていて、肉体のたくましさを誇りながら、口の中でほぐれていく。

そう。

「ゆう喜屋」の魚は、どれも爆ぜている

生きてきた喜びを発露させ、我々の味覚に迫ってくる。

黒潮に乗って高知沖にやってくる魚たちの力を、嫌というほど思い知らされるのである。

高知の海への感謝が湧き上がる瞬間がある。

だからこそ、高知に訪れて、この店に行かないという選択はないのだ。

高知県高知市帯屋町1丁目「ゆうき喜屋」にて

【記事】美食おじさんマッキー牧元の高知満腹日記