高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

【年イチ発表】人気連載「美食おじさんマッキー牧元の高知満腹日記」2021年に読まれた記事ランキングベスト10!

この情報は2021年12月31日時点の情報となります。

立ち食いそばから割烹にとんかつ、フレンチにエスニック、そしてスイーツから居酒屋まで、年間600回外食をし、料理評論、紀行、雑誌寄稿、ラジオ、テレビ出演を超多忙にこなす「美食おじさん」ことフードジャーナリストのマッキー牧元さんが高知の食材・生産者さんをめぐって紹介する高知家の〇〇の人気連載記事「高知満腹日記」。その中で、今年2021年に皆さんにたくさん読んでいただいた記事ランキングベスト10を発表します。

line

2021年も今日で最後。

今年もあんなことやこんなこと、いろいろありましたね。

皆さんはどんな1年でしたか?

高知家の〇〇編集部は思うように取材に出かけられず、記事をお届けするのが大変な時期もありましたが、むしろそんな時間があったからこそ、美食おじさんことマッキー牧元さんと再び取材に出かけられるようになって、改めてお店の方や生産者の方とお会いできる幸せを感じられました。

そんなこの1年間でお届けした「美食おじさんマッキー牧元の高知満腹日記」。

皆さんにたくさん読んでいただいた記事のランキングベスト10を発表・ご紹介しますので、是非ご覧ください。

 

第10位 落ち着いた大人の空間でいただく美味なる高知の和食銘店3店

高知といえば、藁で炙った「かつおのタタキ」や、寿司、フライ、刺身など、いろんな料理を大皿に盛り込んだ宴会料理「皿鉢(さわち)」をはじめとした、豪快な料理のイメージが強いかと思います…が、いえいえ、そればかりじゃなく、静かにじっくり料理を味わうことができるお店も数多くあるんです。

今回はマッキー牧元さんが訪ねた、落ち着いた大人の空間でいただく美味なる高知の和食銘店3店をご紹介します…

続きを読む▶▶落ち着いた大人の空間でいただく美味なる高知の和食銘店3店

 

第9位 心ゆくまで高知の居酒屋を楽しむ 酒よし人よし肴よしの居酒屋3店

高知には魚、肉、野菜、そして柑橘等々、美味しいものがたくさんあります。

魚といえばカツオ、肉であれば土佐ジローやはちきん地鶏、土佐あかうし。

野菜はニラやナス、柑橘はユズ、文旦、直七と数々。

そして、欠かせないのは魅力的な「人」。

今回は、そんな素敵な高知の酒、人、肴に出会える、よき居酒屋3店をご紹介します…

続きを読む▶▶心ゆくまで高知の居酒屋を楽しむ 酒よし人よし肴よしの居酒屋3店

 

第8位 美学が息づく、米と卵だけのいさぎよき玉子焼きめし「ラーメン チョンマゲ」

出された瞬間に、息を飲んだ。

潔い炒飯、いや、焼めしである。

まん丸にまとめられた「チョンマゲ」の「玉子焼きめし」は、艶々と輝いて、我々を誘惑する。

そこには、チャーシューもネギも見当たらない。見えるは、米と卵だけである。

ああ、それなのに、どうしてこんなに誘われるのか。

それは自信かもしれない…

続きを読む▶▶美学が息づく、米と卵だけのいさぎよき玉子焼きめし「ラーメン チョンマゲ」

 

第7位 「屋台餃子」から「泣ける餃子」まで 密かなる餃子の町・高知の餃子3選

ここ数年、高知の夜の〆としてメディアを賑わせている「屋台餃子」。

マッキーさんを泣かせた、高知の可愛い不良じいさんが作る「〇〇〇〇餃子」。

そして、マッキーさんが「KING of  町中華」と呼ぶ中華料理屋で出される王道の「焼き餃子」。

実はいろいろな餃子がいただける、密かなる餃子の町・高知。

今回は、美食おじさんマッキー牧元さんが楽しんだ高知の餃子3選をご紹介します…

続きを読む▶▶「屋台餃子」から「泣ける餃子」まで 密かなる餃子の町・高知の餃子3選

 

第6位 メニューの数が凄い高知の本格フレンチ「ラ・ヴィルフランシュ」

高知市追手筋にあるフレンチ、「ラ・ヴィルフランシュ」。

ドアを開けて驚いた。満席である。

年配の客に混ざって、若い客もみな、いかにも楽しそうな笑顔を浮かべながら、料理を食べている。

なかには、食後酒まで楽しんでいるお客さんもいるではないか。

失礼ながら、高知にフランス料理は似合わないと、勝手に思っていた。

太陽輝く土地に、南仏料理は合うかもしれない。

だが、重厚でクラシックな料理は根付かないのでは、とも思っていた。

メニューを開いてさらに驚いた…

続きを読む▶▶メニューの数が凄い高知の本格フレンチ「ラ・ヴィルフランシュ」

 

第5位 高知を食べ尽くしたフードジャーナリストが友人知人に真っ先にすすめる カツオの刺身の概念が変わる店「ゆう喜屋」

「高知に今度行くんだけど、どこかおいしいところ教えてください」。

近年、知人や友人から、そう聞かれることが多くなった。

その時、真っ先に教えるのが、ここ「ゆう喜屋(ゆうきや)」である。

高知を旅する初心者にとって、まず食べ物でイメージするのは鰹のタタキだろう。

高知を代表する料理で、街を歩けばどの店も鰹のタタキを置いてある。

それらの店は東京で食べるそれより、質は高い。

だが、その中で「ゆう喜屋」は図抜けている。

この店を紹介する時、僕は必ず言う。

「カツオの刺身の概念が変わるから」…

続きを読む▶▶高知を食べ尽くしたフードジャーナリストが友人知人に真っ先にすすめる カツオの刺身の概念が変わる店「ゆう喜屋」

 

第4位 美味しいのはもちろん!禁断トッピング&底なし&裏メニュー 高知県民LOVEラーメン3選

高知でラーメンと言えば、高知家の〇〇で紹介した「鍋焼きラーメン」が有名ですが、お隣の徳島県の「徳島ラーメン」のように県名を冠した「高知ラーメン」なるものは存在していません。

しかし、独自に美味しく、そしてトリッキーに進化を遂げたラーメンがそこここにあるんです。

今回は、あまりラーメン記事を書くことがないマッキー牧元さんが、珍しく尋ねたガッツリ系とサッパリ系の高知県民LOVEなラーメン3杯をご紹介します…

続きを読む▶▶美味しいのはもちろん!禁断トッピング&底なし&裏メニュー 高知県民LOVEラーメン3選

 

第3位 話題のデカ盛りカツ丼から王道の海鮮丼まで 高知の美味しい丼5選

高知には、かつおのタタキをはじめとした和食はもちろん、イタリアン、フレンチ、中華などのランチが盛りだくさん。

しかし!忘れてはいけない王道メニューと言えば、やはり「丼もの」。

高知の山間部にあるライダーに人気のデカ盛りカツ丼から、自慢の海鮮をふんだんにのせた海鮮キンメ丼などなど、高知のおすすめ美味しい丼5選を紹介します…

続きを読む▶▶話題のデカ盛りカツ丼から王道の海鮮丼まで 高知の美味しい丼5選

 

第2位 高知でうどんをいただくならココ!行ってみて食べてみて高知のうどん店6選

美食おじさんマッキー牧元さんいわく「高知のうどんは同じ四国の讃岐うどんのような強烈なコシではなく、また博多や大阪、京都のようなやわな感じでもなく、その両方の良さをとったようなうどんで、妙に親しみが湧く」という高知のうどん。

今回は美食おじさんマッキー牧元さんが高知県内西から東までくまなく食べ歩いたお店の中から、うどん店6店をご紹介します…

続きを読む▶▶高知でうどんをいただくならココ!行ってみて食べてみて高知のうどん店6選

 

第1位 カジュアルランチに贅沢ランチ!ランチが美味しい高知のお店6選【高知市編】

高知と言えば「カツオ」に「お酒」が定番ですよね。

夜のお店はいろいろ探してたけど、ランチはどうしよう?という方に、美食おじさんマッキー牧元さんが高知を西から東まで食べ歩いて見つけた、美味しいランチがいただける高知市のお店6店をご紹介します。

地焼きが旨いウナギから、ビジュアル&味がインパクト大のハンバーガー、そして高知県民のソウルフードの〇〇〇まで、お楽しみください…

続きを読む▶▶カジュアルランチに贅沢ランチ!ランチが美味しい高知のお店6選【高知市編】

 

「美食おじさんマッキー牧元の高知満腹日記」2021年に読まれた記事ランキングベスト10、いかがでしたか?

来年は皆さんが、ご紹介したお店にリアルに訪ねて行って、料理を楽しみ、お店の方と語らえることを、高知家の〇〇編集部一同、願っています。