高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • mail

「名士に愛され続けた誠実の味。昭和の贅沢を味わいに行くの巻」食べ歩きスト・マッキー牧元の高知満腹日記

この情報は2018年12月9日時点の情報となります。

立ち食いそばから割烹、フレンチからエスニック、スィーツから居酒屋まで、年間600回外食をし、料理評論、紀行、雑誌寄稿、ラジオ、テレビ出演を超多忙にこなすタベアルキストのマッキー牧元さんが高知の食材・生産者さんをめぐって紹介する「高知満腹日記」。

line

瀬戸内寂聴氏や山本一力氏、王貞治氏や五木寛之氏も愛するという誠実が、高知にある。

昭和26年創業の洋食屋「コックドール」である。

どの料理にも、昭和の丁寧な仕事が行き届いている。

その一つが「コンソメスープ」だろう。

フランス料理から仕事を受け継いだかつての日本の洋食屋には、必ずコンソメスープがあった。

しかし手間が恐ろしくかかるこのスープは、頼む人が少なくなったことも重なって、次第にメニューから消えていった。

東京や京都、大阪の洋食屋でも、用意している店は少ない。

しかし高知にはある。

「コックドール」のメニューを開けば、ポタージュと並んで記されている。

登場したコンソメは、澄んだ琥珀色に輝き、洋食屋の矜持がにじみ出ている。

飲めば、奥深い滋味が広がって、心を包み込む。

その気品こそが、この店の底力なのだろう。

嬉しくなって、次々と頼んだ。

ひき肉を混ぜ込んだデミグラスソースがかけられた「ハンバーグ」は、肉の香りが立ち上がって、食欲をつかむ。

「カニコロッケ」は、滑らかなホワイトソースが舌にしなだれ、ほのかに立ち上がるカニの風味にうっとりとなる。

トマトの酸味と甘みが品良く出た、トマトソースも美味しい。

四万十豚を使った「ポークロースカツ」は、肉質がきめ細かく、噛む喜びを与えてくれる。

美しく豊満な体を見せつける「オムライス」は、チキンライスの控えめな味付けが米自体のうまさを感じさせ、スプーン持つ手を加速させる。

山本一力氏や五木寛之氏の好物だという、「ハイシライス」のソースは、うま味が丸く、甘すぎずに、酸味とバランスが自然である。

奥に控えたうま味も出過ぎず、キャラメル香のほろ苦みもそっと潜んで、全体を盛り上げる。

どこまでも、丸く優しいハイシライスである。

だから飽くことがなく、食べる度に、食欲が前のめりになってくる。

瀬戸内寂聴氏が好きだという「ヒレビーフカツサンド」は、肉汁とソースが渾然となるおいしさで、噛んだ途端に顔が崩れてしまう。

そしてプリンは、昨今はやっているような緩い、腑抜けた味ではない。

焼き菓子としての意味をわきまえた、堂々たる味である。

どの料理にも、古き良き時代の、時間がたっぷりとあった時代の丹念な仕事が貫かれている。

初代は、「食通」という日本料理屋で修行した後に割烹を開いたが、酔っ払いの戯言を聞くのが嫌だったことと、当時あたりまえだった“つけ”の回収に苦労し、酔っ払いもつけもない洋食屋に転じたのだという。

律儀な人だったのだろう。

食材を仕入れに、神戸まで何時間もかけていくことがあったという。

今はその味を、初代の奥さんと息子さんたちで守り続けている。

品が漂うそのマダムがおっしゃった。

「いろいろあったけど、今までやれて、本当に良かったと思っています。それもお客様に恵まれたおかげです」。

また行こう。

67年間愛され続け、育まれた味に出会いに行こう。

よし次は、ビーフシチューとグラタンだな。

 

高知市帯屋町1丁目「コックドール」にて