高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

もっちり食感の新鮮「生カツオ」を豪快に藁焼き!「多田水産」ほっとこうちオススメ高知グルメ情報

この情報は2022年5月2日時点の情報となります。

高知を元気にする応援団を屋号に掲げる出版社「ほっとこうち」がオススメする、高知のグルメ情報を紹介していくシリーズ!今回は、SNSで話題沸騰中の「多田水産」の「藁焼きタタキ」をご紹介!

line

高知市中心部から車で約40分。高知自動車道須崎西ICを降りてすぐの「道の駅かわうその里すさき」内にあるのが、今回ご紹介する「多田水産 道の駅かわうその里すさき店」。

中土佐町久礼の水産加工会社「多田水産」が手がける、獲れたてカツオの「藁焼きタタキ」が、県内外から「こんなに新鮮なカツオは初めて」と大好評!

SNSのフォロワー数が1万人を超える人気店のタタキがこちらで頂けるということで、早速店内へ!

店内奥でひときわ目立つ「かつおたたき」の看板が目印。

売り場には「多田水産」自慢の様々なカツオ商品が目白押し。カツオ節や、丸かじりできるカツオ、お家で頂ける冷凍タタキなど、バラエティに富んだカツオ商品はお土産にもぴったり♪

レジにてカツオのタタキを注文。

中土佐町の漁港で揚がった獲れたての鮮度抜群のカツオのタタキが1人前500円で頂けるのが魅力!

さらに、1節分(1500円〜)を注文すれば、その場で藁焼きにしていただけるということで、今回は1節分を注文。

藁をドラム缶の中に入れて店内で燃やしていく。

ごうごうと高く燃え上がる炎は迫力満点で、想像以上の炎の大きさに驚く方も多いとか。

その中に、カツオをくぐらせて短時間で焼き上げる。

早速、出来上がった焼きたて「藁焼きタタキ」を実食♪

タレと塩と選ぶことが出来たので、今回はおすすめのタレをチョイス。

カツオを顔に近づけた瞬間、藁特有の芳しい香りが漂う。ぱくりと一口いただくと、ギュッと締まった外側の食感と、内側のもっちりとした食感からカツオの新鮮さが伝わる。

高火力&短時間で焼きあげることで旨味がギュッと詰まっており、焼きたてならではの贅沢な味わいが絶品!

そして、醤油とニンニクを合わせた自慢のタレがカツオによく合う♪

カツオ好きなら1度は食べて欲しい一品だ。

ここで、「多田水産」社長の多田さんにお話を伺ってみた。

-カツオのタタキとっても美味しかったです!ズバリこだわっている部分を教えてください!

多田さん:カツオの産地直送がメインのお店なので、カツオの鮮度に特にこだわっています。お店で提供しているカツオは中土佐町でその日に揚がった生カツオを使用して、抜群の鮮度です!

-カツオも美味しかったですが、タレもすごく美味しかったです!

多田さん:中土佐町や須崎市では、お酢を使わないタレが昔から親しまれていて、お店でもそのタレを使っています。地元の味を守っていけたらと思っています。

産地だからこそ味わえる新鮮なカツオと、地元に伝わるオリジナルのタレ。ぜひ現地に足を運んで、食べてみてほしい。

 

多田水産

住所:須崎市下分甲263-3 道の駅かわうその里すさき内
TEL:0889-40-0200
営業時間:午前9時~午後5時
定休日:無休

 

提供:ほっとこうち
https://hotkochi.co.jp/