x
高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • mail

「高知の鰻の底力。大人気店「かいだ屋」で思い知るの巻」食べ歩きスト・マッキー牧元の高知満腹日記

この情報は2019年2月17日時点の情報となります。

立ち食いそばから割烹、フレンチからエスニック、スィーツから居酒屋まで、年間600回外食をし、料理評論、紀行、雑誌寄稿、ラジオ、テレビ出演を超多忙にこなすタベアルキストのマッキー牧元さんが高知の食材・生産者さんをめぐって紹介する「高知満腹日記」。

line

田んぼの中になぜか、黄色い軽飛行機が見えてきた。

高い位置に設置された軽飛行機の胴体には、うなぎのイラストが描かれ、おおきく「かいだ屋」とある。

ここは、高知龍馬空港近くにある、人気の鰻屋である。

何しろ客が途絶えない。

車でしか来ることのできない立地なのに、常に満席、次々と車が入って来る。

創業は古くなく、平成元年だが、開業当時より盛況が続いているという。

高知はかつて養鰻が盛んだった。

ご主人は、そのうなぎと地元の米を使って鰻屋をやろうと、志したのだという。

最初はテーブル4つとカウンターだけの20席だけの、小さな店だった。

しかし客が押し寄せはじめ、建て増し建て増しを重ね、現在の座敷もある、大型店舗になったのだという。

うなぎは関西風の、蒸さない、「地焼き」である。

背開きしたうなぎに串を打ち、15分ほど焼き、タレに浸けて焼き、出される。

一番近いのは、名古屋のうなぎだろうか。

次のページを見る