高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram

春到来!ヤナギ林を1,000万本の菜の花が埋め尽くす、3月だけの黄色い絶景

この情報は2019年3月1日時点の情報となります。

2019年3月2日(土)から3月24日(日)まで開催される「四万十川花紀行 入田ヤナギ林 菜の花まつり」のイベントを一挙紹介。

line

高知県西部を流れる、清流四万十川。

そんな四万十川沿いで、春に見頃を迎えるのが鮮やかな黄色の菜の花だ。特に四万十市入田ヤナギ林の、一面に菜の花が広がる景色は壮大で、なんとその数1,000万本の菜の花が咲き乱れているのだ!

(提供:四万十市観光協会)

菜の花畑見たさに多くの観光客が訪れる、人気のフォトスポットである。

そんな入田ヤナギ林で菜の花と一緒に楽しめる楽しいイベントが、開催期間中の土・日・祝日に企画されている。

 

子どもから大人まで楽しめるイベント

(提供:四万十市)

3月3日(日)に開催されるのが、「四万十リバー雪合戦」。※3月3日(日)のみの開催

春に雪合戦!?と思う人もいるだろう。これは「雪が無くても雪合戦」をコンセプトに季節を問わず楽しめる、全国で行われているスポーツ雪合戦なのだ。もちろん、春の四万十市には雪がないので、柔らかい素材でできた専用の「雪玉」を使用する。

参加者には、3月3日(日)菜の花まつり会場限定で使用できる300円分のチケットがもらえるようなので、ぜひ参加してほしい。

(提供:四万十市)

そのほかにも、手長エビを捕まえる網をつくることができる「エビ玉づくり体験」なども開催予定。材料は100円ショップで揃うものというから、お手軽に作れそうだ。

 

ここからは子どもたちが頑張っている姿にほのぼのできるイベントを紹介する。

(提供:四万十市)

具同保育所園児による「ぶしゅかんサンバダンス」。
※3月9日(土)のみ開催

(提供:四万十市)

四万十市内の小中高生による「菜の花コンサート」。
※3月17日(日)のみ開催

子ども達が一生懸命踊って、演奏する姿に観客も魅了されること間違いなしだ。

 

その他、入田地区の方々による地元で採れたての野菜や果物の販売や、幡多農業高校の生徒が作った産品などの販売も行われる。

 

夜はライトアップ

(提供:四万十市観光協会)

 夜にはライトアップイベントもあるので、昼間とは違った幻想的な雰囲気が味わえる。
※ライトアップは、3月16日(土)、17日(日)、23日(土)、24日(日)の19:00~21:00のみ開催

日によって行われるイベントの内容は異なるため詳しくは最後のHPを確認してほしい。

四万十市の職員によると、「今年は暖かい日が多かったこともあり、昨年よりも咲き具合がいいです。今のところ5分咲き程度で、3月10日頃が満開になりそうです。」とのことだった。

1,000万本の菜の花に囲まれて、春の到来を感じられる楽しいイベントになりそうだ。

 

イベント情報

入田ヤナギ林 菜の花まつり
住所:高知県四万十市入田(四万十川河川敷のヤナギ林)
電話:0880-34-1555(一般社団法人 四万十市観光協会)

TOPページ

※情報提供※ 四万十市観光協会、四万十市