x
高知
高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • instagram

なぜ!?動き出した、高知家の重鎮ゆるキャラ「くろしおくん」の野望

この情報は2019年4月6日時点の情報となります。

平成9年に誕生した高知県のイメージキャラクター「くろしおくん」。高知県内で活躍するゆるキャラとしては、先駆け的存在だ。

line

愛くるしい表情で高知県庁の表札前でポーズを決めているのは、高知県のイメージキャラクター「くろしおくん」。

 

プロフィール紹介

「くろしおくん」は平成9年に「高知県をアピールし、イメージアップを図るためのイメージキャラクター」として誕生した。

性別は男の子で、誕生日は12月19日。

土佐湾沖を流れる黒潮から、その名がついた「くろしおくん」。誕生してすぐの頃は、県発行の冊子や県主催のイベント、地域のお祭りなどに参加していた。

その存在が特に注目されたのが、平成14年に開催された「よさこい高知国体」だ。マスコットとしての活躍ぶりが、地元新聞紙上において「国体史上最強のマスコット」と評され、県内での地名度もグッと上昇した。

 

そんなくろしおくんがなぜ今

その後も、県関係の冊子やイベントに登場するなど地道に活動してきた「くろしおくん」だったが、なにやら今年に入ってからSNSでの情報発信に気合が入っているらしい…

平成31年1月からは、「くろしおくん」の公式ツイッターを開設し、毎日情報発信している。現在フォロワー数は1,440人を超え、開始3ヶ月とはいえ、着実にファンを増やしているようだ。

「くろしおくん」のアシスタント的役割の高知県広報広聴課に、なぜツイッターを開設したのかを聞いてみると切実な答えが返ってきた。

-平成29年に行った県民世論調査で、県の広報活動を見たり、聴いたりしたことがない若年層が増えていることが分かりました。一方で、SNSの利用者が増えている傾向が顕著でした。
そこで、「くろしおくん」が自ら情報発信をすることで、若い方々に親しみやすく感じてもらいたい!高知の魅力を全国に発信していきたい!ということで、「くろしおくん」に一役買ってもらっています。

 

なるほど。なかなかのミッションを背負っている「くろしおくん」。
ここで、県庁ホームページに掲載されている「くろしおくん」プロフィールをみてみよう。

…好きなこと:県広報誌「さんSUN高知」での情報収集!

「くろしおくん」、マジ真面目!もはや「くろしおさん」と呼びたいレベルの努力家だ。

次のページを見る