x
高知
高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • instagram

「酔鯨酒造 土佐蔵」を工場見学!高知の地酒「酔鯨」でほろ酔い気分

この情報は2019年5月23日時点の情報となります。

昨年、土佐市に新しく誕生した酔鯨酒造の新工場「土佐蔵」をあつかんDRAGONの2人が工場見学。日本酒の魅力にどっぷりハマるぞ!

line

土佐市を訪れた「あつかんDRAGON」のおだちとしんじょう。
今回は、昨年新しく誕生した酔鯨酒造の新工場「土佐蔵」を見学!

一般の方も気軽に申し込みできる工場見学のコースがあるということで、今日はそちらを体験してみることに。

一時は全国的に不振に陥った日本酒業界だったが、今や日本酒ブーム!
全国でも日本酒を扱うバルスタイルのお店が増えたり、雑誌で特集が組まれたりと業界が活気を取り戻している。さらに、海外での日本酒人気も年々高まっている。
そうした中、酔鯨酒造は世界的ブランドとしての飛躍を目指し、昨年秋から最新鋭の酒蔵「土佐蔵」をオープンさせたのである。

早速、最新鋭の工場へ入ってみよう!

中へ入ると巨大な精米機が現れた。

規格外の大きさに驚くあつかんDRAGONの2人。

この精米機では1度に1800kgのお米を精米することが可能だそうだ。
さらに24時間の自動運転が可能で、50%精米だと2〜3日、30%精米だと3〜4日ほどで精米が完了する。

精米時には職人が付きっきりで、細かな微調整を行いながら精米を行う。雑味のない香り高い日本酒作りには欠かせない、お酒の味に直結する大切な作業だ。

続いては仕込み場へ。

ほのかに日本酒の香りが漂う仕込み場には、20本の大きなサーマルタンク(冷却装置付タンク)が並ぶ。

なんとこのサーマルタンクは深さが3mある。下をぞいてみると…

酵母が発酵し、炭酸がプクプクと浮かんでくる様子がうかがえる。

次は仕込み場の下へと移動。
先ほどのサーマルタンクがずらりと並ぶ。

工場見学では日本酒ができる工程や「酔鯨酒造」のこだわりの詰まった酒造りを身近で体験することができる。

工場見学の参加費は1名につき500円 (税込み)で無料試飲2杯とオリジナルお猪口のプレゼントが付いてくる。30分の工場見学を終え、試飲ができるギャラリーへウキウキで移動だ!

次のページを見る