高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • mail

JR四国土讃線に30年ぶりの新型車両登場!高知と本州を結ぶ振子式列車「南風」に潜入してきた

この情報は2019年8月31日時点の情報となります。

これまで約30年間高知と岡山、高松を結んできた土讃線の特急列車に新型車両がお目見えする。出発式を待つ新型特急が車両基地で控えていると聞きつけた高知家の○○取材班は、さっそく高知市内某所に向かった。

line

こちらが「2700系」と言われる新型特急列車!9月にお目見えとなる、約30年ぶりの新型車両だ。
デザインは、高知の「よさこい」と徳島の「阿波おどり」の情熱を、ほとばしる「ディープレッド」として表現し、香川の「オリーブ」をモチーフとした「グリーン」のラインと対比しているそうだ。

こちらが、現在走っている「2000系」の特急列車。


約30年走っている、なじみのあるこの車両。旅行や出張などで利用したという方はたくさんいるだろう。

 

新型特急に潜入

これまでの特急列車からどう変わったのか。○○取材班は車両基地に控えている新型特急に潜入し、JR四国高知運転所 布師田車両基地の中上車両科長にお話を伺った。

-新型特急の特徴はどのようなところですか?
中上科長:時代のトレンドに合わせて、設備が変わったところですね。座席にコンセントが設置され、無料Wi-Fiも対応しています。車内でパソコンやスマートフォンの充電と使用をしていただけます。また、多機能トイレや車いすスペースも設置し、車いすの方にも、より乗車してもらいやすいようになりました。

-速度や大きさなどは変わってないですか?
中上科長:速度については、前身の「2000系」になった時に、重量が軽くなったことで加速や速度が速くなりました。今回はそこはほとんど変わってません。寸法もほとんど変わりませんが、スペースは広く感じると思います。自動車がモデルチェンジしたときに、車内を広く感じるのと同じ感覚だと思います。車体が四角形ですが、上部が少しワイドになったので、荷物置き場が広くなっていますよ。

まずは、憧れの操縦席をご紹介。右のレバーがブレーキで、左のレバーがアクセル。スイッチやボタンは想像以上に少なくてシンプルに感じる。ブレーキの向こうに見えている四角の画面はタッチパネルになっていて、色々な情報が確認できるそうだ。

なんと、○○取材班も運転席に座らせていただけた。運転席から見える景色は想像以上に高く、遠くまで見渡せる。運転手気分にテンション上がる○○取材班。

次のページを見る