高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • mail

お家で100回作れる!笑顔あふれる料理教室で心もお腹も大満足

この情報は2019年9月30日時点の情報となります。

今回は土佐市の「ドラゴン広場」で新たに始まった料理教室に密着!講師は、土佐市で「ファーム輝」を経営されているトマト農家「とまっくま」こと麻岡真理さん!一体どういった料理教室なのか?

line

今回、高知家の〇〇取材班が訪れたのは、直販所「まいにちにこっとマルシェ」や飲食店、観光案内所などがあり、土佐市の拠点となっている「ドラゴン広場」。

「まいにちにこっとマルシェ」の小松大修店長にお話しを伺った。

-新たな取り組みがスタートしたんですよね?
小松さん:月1回ドラゴン広場内の調理室において、料理教室を開催することになりました。

-取り組みへの思いを教えてください。
小松さん:多くの方にこのドラコン広場を知っていただくきっかけとなり、地域の方と一体となって土佐市が盛り上がればと思っています。

小松さんにご案内いただき、料理教室が行われている調理室に向かった。料理教室の講師を務めていたのは、高知家ではお馴染みこの方!

土佐市のトマト農家で「とまっくま」こと麻岡真理さんだ。とまっくま衣装ととまっくまポーズがばっちり決まってる~!

麻岡さんの関連記事はこちら⇒ 「80数種のトマトを栽培!トマトを愛してやまないファーム輝で29種類のトマトを食べ比べた」食べ歩きスト・マッキー牧元の高知満腹日記

 「とまっくま」直伝!カラフルなミニトマトのカプレーゼで悶絶

 

「お家で100回作れる!!」がテーマの料理教室スタート

まずは、本日作るレシピ5品の説明からスタート。レシピはこちら!

説明が終わると一斉に調理開始!

今回の参加者は、こちらの6名。

(向かって左:川渕さん、右:刈谷さん)

川渕さん:なるべく手作りの料理に心がけているため、麻岡さんの料理を勉強させてもらいたいです。
刈谷さん:日頃から料理が趣味ですが、改めて料理の基本を習いたいです。

(向かって左:野村さん、右:羽澄さん)

野村さん:普段適当に料理を作っているので、きちんとした料理を学びにきました。
羽澄さん:麻岡さんと楽しい時間を過ごして、お料理を学びたいです。

(向かって左:坂本さん、右:岡林さん)

坂本さん:工夫された料理を作っている麻岡さんに料理を教えてもらいたいです。
岡林さん:高知の野菜が大好きなので、素材を活かした素朴な料理を学びたいです。

日ごろから料理が趣味という方もいる中で、今回参加した皆さん。野菜ソムリエで、季節に合わせて体が喜ぶ料理を大切にしているという麻岡さんのこだわりに惹かれてのことだそうだ。

それとなんと言っても、麻岡さんのこの人柄が人を引き付けるのだろう。

カメラを向ける度に自らカメラ目線と笑顔!

参加者の皆さんや〇〇取材班も自然と会話も弾み、笑顔がこぼれる。

終始、和気あいあいとした雰囲気のなか、皆さん普段から料理をしているということもあって、手際がよく予定時間よりも早めに料理は完成。

あとは、圧力鍋を使った玄米ごはん待ちという状況に・・・

待つこと約15分。ついに完成!

小豆入り玄米ごはんに、ホアジャオ香るまーぼー茄子、白身魚とたくわんの和え物、きゅうりの味噌一夜付け、デザートにプルーンをのせたワンプレートがこちら!

〇〇取材班も皆さんと一緒にいただきます!
どれもこれもおいしい!小豆入り玄米ごはんのもっちもち食感に感動。メインのまーぼー茄子は、花椒(ホアジャオ)という香辛料で一気に本格中華の味となり、ご飯やお酒のお供にぴったりだ!

「おいしい」「最高」「レパートリーが増えて満足」「初めての方ばかりで緊張しましたが、楽しく参加でき、人のあたたかさを感じました」と参加者も大満足。

 

麻岡さんにインタビュー

第一回目の料理教室を終えた麻岡さんにお話しを伺った。まずは、とまっくまを知らない方のためにもこの質問を!

-この衣装は一体なんですか?
麻岡さん:オリジナルで作ったキャラ「とまっくま」です。7年前にフェイスブックの友人を集めたオフ会で、リラックマのパジャマを着ていったところみんなが笑顔になってくれたんです。私は、幸せの尺度は「笑っている時間の長さ」だと思っています。もっとみんなを笑顔にしたいという思いがきっかけで作りました。すべて手作りです。

-1回目を終えた感想を教えてください。
麻岡さん:楽しかったです!今回の参加者はスーパー主婦ばかりだったので、手際が良くて、びっくりです。同じ料理を作っていても、人それぞれ少しづつ作り方が違っていて、見ていると私の勉強にもなりました。

-今回のテーマ「お家で100回作れる!!」とはどういう意味が込められていますか?
麻岡さん:食材にもこだわった手の込んだ料理は、食材を揃えることなどが難しく家庭では続かない印象を持っています。料理教室で作って終わりではなく、家庭で簡単に何回も作れて、皆さんのレパートリーにしっかり加えることができる料理教室になればという思いを込めています。

今後は、どういった料理教室にしていきたいですか?
麻岡さん:私は参加者に完璧を求めていません。ゆるい料理教室を目指しています。なので、嫁入り前の方だったり、これまで全く料理をやったことがない方も気軽に参加してほしいです。

 

今後は「とまっくまのトマト鍋」が登場!?

これから1か月に1回開催予定の麻岡さんの料理教室。

今回は残念ながら、麻岡さんのトマトは時期外れということで味わうことはできなかったが、2月以降には、麻岡さんのトマトをたっぷり使った「とまっくまのトマト鍋」も登場する予定だ!これは、見逃せない!

少しでも興味を持たれた方はぜひ参加してみてはいかが?きっとあなたも、麻岡さんの笑顔いっぱいの料理教室に魅了されることだろう。

 

【次回予告】

ファーム輝(とまっくまのトマト)

住所:高知県土佐市高岡町甲883-3
http://kagayaki.nouka.tv/

ドラゴン広場

住所:土佐市高岡町甲2116-3
電話:088-879-9000