x
高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • mail

〜高知癒され女子旅〜 はじめての高知を2泊3日で巡るおすすめプラン

この情報は2019年10月22日時点の情報となります。

高知癒され女子旅 2泊3日で巡るおすすめプラン

拝啓、毎日頑張る女性の皆様。
忙しい日々をこなしていると、たまにはちょっぴり遠出をしたり、自然を感じながらリフレッシュする時間をとりたくなりますよね。
そんなときにおすすめなのが「高知県」。
自然豊かな高知県には、ご当地の滋味にさまざまな体験施設、温泉と、まさに女子旅にぴったりの場所!日頃の疲れを癒してくれる、見どころ満載の場所なんです。
そこで本企画では高知癒され女子旅をテーマに県内で見つけた、とっておきの情報をお届け。ぜひみなさんも高知県に訪れて、その魅力に癒されちゃいましょう♪

line

食べて泊まって体験する♪
東京女子がはじめて行く2泊3日の高知癒され女子旅のご紹介です。

Day1

09:00 高知龍馬空港到着!坂本龍馬がお出迎え

東京から約1時間半の距離で高知県に到着!
到着ロビーに出ると
早速坂本龍馬がお出迎え。
空港では市内のパンフレットやマップが
配布されているので、
たくさんもらっていざ出発!

バス移動

バス移動 はりまや橋バスターミナル到着

徒歩移動

11:00 ひろめ市場でカツオのたたきランチ

北はりまや橋から徒歩で数分、アーケード街の中心に位置するひろめ市場。レトロな雰囲気の高知らしいフードコートが広がっています。

高知名物の「カツオのタタキ」。目の前でカツオを藁焼きする様子は迫力満点。見ているだけで食欲がそそられます。

バス移動

12:30 高知駅から汽車に乗って佐川駅へ

お腹を満たし、
高知駅から本日の宿に向かいます。
東京とは違った汽車での移動時間も、
旅の時間を楽しいものにしてくれます。

佐川駅到着バスで宿まで

バス移動 名野川バス停到着 徒歩移動

14:30 「中津渓谷ゆの森」到着 落ち着く和室で一休み

徒歩移動

「仁淀ブルー」で知られる仁淀川・中津渓谷の入り口にある温泉宿。
全室7部屋のみの女性におすすめな「おこもり宿」です。部屋の窓を開けると、目の前には中津渓谷が広がり、清流のせせらぎを感じられます。

15:00 中津渓谷で自然からたっぷりパワーチャージ

お部屋で一息ついたあと、中津渓谷を散策。渓谷内の遊歩道は、やや歩きづらい道もあるので、歩きやすい格好がおすすめです。

中津渓谷でも一番有名なスポット「雨竜の滝」。

ゴツゴツした一枚岩と、勢いのある清流で自然を感じられます。
前日の雨の影響で水は濁っていましたが、深いブルーがとてもきれいでした。

18:30 高知で取れた食材も!お待ちかねの夕ご飯

地元で採れた野菜や高知の海鮮物が並んだ和食膳全15品目。予約時にフレンチと和食膳の2通りから選択できます。

21:00 温泉でゆったりリラックスタイム

緑に囲まれた大浴場、露天風呂が備わった温泉は、疲れを癒やすのにぴったり。
※写真は特別に許可をもらい翌朝に撮影したものです。

はやめに就寝

DAY2

朝ごはんを済ませ、宿を出発!

2日目は高知を満喫しに、
「土佐和紙体験くらうど」に向かいます

バス移動 佐野駅到着 電車移動

11:30 土佐和紙工芸村 くらうどにて紙すき体験♪

土佐和紙とは、原料に楮(こうぞ)と仁淀川の水を使って、土佐の地で作られる和紙。もともと「土佐七色和紙」として、七色に染め上げられた染紙が、徳川幕府にも献上された特産品として有名になったそうです。

紙すき体験では「うちわ」「和紙」「はがき」を作ることができます。
紙漉きを行った後、草木で自由に飾り付け。
仕上がりまで30分。館内にあるレストランでお昼ごはんを食べながら待ちます。

13:30 SUPで仁淀川を満喫!

参加者みんなで上流まで移動し、5kmの川下りがスタート。
台風の影響でいつもよりは澄んでいないとのことですが、綺麗な青い水の上でSUPを楽しめます。
慣れてきたらボードに立ってみたり、ヨガポーズをしてみたり♪
終了後、くらうどの温泉無料券がもらえるのもポイントです!

バス移動 はりまや橋バスターミナル到着

19:00 すしバルにてお洒落ディナー

2日目の夕食はinstagramで高知のおしゃれカフェを発信している「高知カフェさんぽ」さんに、オススメいただいた「すしバル うますし」
お寿司をメインとしたお店ですが、「バル」とつくだけあってお洒落な店内で、女性受けも抜群!
カツオやアジ、ウツボのつぼ焼きや土佐鴨のレバーなど、高知の名産をたくさん味わえます。

walking

21:00 アートなホテル「セブンデイズホテルプラス」にチェックイン

館内は打ちっぱなしの壁にアート作品が展示されていて、大変オシャレな上にコストパフォーマンスも抜群♪
市内中心部にあるのでぜひおすすめの宿です。

day3

7:30 人気のパン屋さんの焼き立てパンを朝食に!

セブンデイズホテルプラスは朝食もお洒落で有名!
市内にある人気パン屋さんから毎朝届く焼き立てのパンが食べられます。
(現在は金〜月が洋食、火〜木が和食の提供となっているそうです)

walking

9:00 300年続く日曜市で食べ歩き♪

300年以上前から続いている伝統的なマルシェで、1キロ以上に渡って何百ものお店が並んでいます。お野菜、果物、お魚、お菓子やお花、土佐包丁など、取り扱いも様々。
高知県産の文旦などの果物はココで買って郵送してくれるのでお土産におすすめ♪
冷やし飴やフルーツトマト、わらび餅、田舎寿司などなど。ここでしか味わえないものばかりで、ついつい手を伸ばしてしまいます。
特に地元の方にも大人気のイモ天は揚げたてサクサクでとても美味しいので食べてくださいね。

walking

高知城にてほっとひといき

日曜市を抜けると高知城にたどり着きます。
石段を登りきったところで売っている高知名物のアイスクリン。こちらも絶品!

路面電車 とさでん

11:30 はりまや橋によりみち

はりまや橋から出ているmy遊バスに乗って牧野植物園に移動します。牧野植物園や五台山、桂浜まで行ける一日券がおすすめ!!

my遊bus

12:00 牧野植物園でアートと自然を感じる

牧野植物園は高知県が生んだ植物学者・牧野富太郎博士の業績を顕彰する施設です。建築家・内藤廣がデザインしたモダンな建築と多彩な植物が融合した、とてもオシャレなアート空間が広がっており、フォトジェニックスポットがたくさんあります。

訪問した10月には絶滅危惧種である「ハナカズラ」が咲いていたり、貴重な植物を観ることができます。
また、「温室」は、ジャングルを模した空間に木々が生い茂り、幻想的な時間を過ごせます。

walking

牧野植物園を出ると目の前に入口がある竹林寺

13:00 ひとつだけ願いが叶う?竹林寺

ひとつだけ願い事を叶えてくれるお地蔵さん「ひとこと地蔵」がいるので、ぜひ立ち寄ってくださいね♪
また、竹林寺は四国八十八か所の一つでもあるので、お遍路さんも多くいらっしゃいます。

walking

13:30 「眺めのいいカフェパノラマ」から高知市内を一望

五台山の展望台に併設された「眺めのいいカフェ パ・ノ・ラ・マ」
名前の通り店内が3面ガラス張りの吹き抜けとなっているので、高知市内を一望しながら、お食事やお茶ができます。

15:30 桂浜で坂本龍馬にご対面

桂浜は高知を代表する場所。ちょうど「龍馬に大接近」というイベントが開催されており、足組に登って龍馬の顔を真横から見ることができました。

時間があれば「桂浜水族館」もおすすめ!
東京では味わったことがない独特な雰囲気を醸し出す水族館は行ってのお楽しみ♪Twitterでバズったりしている水族館です。

2泊3日の高知旅は、温泉付きの宿でおこもりから始まり、和紙づくりや市内観光など高知の歴史を感じて、中津渓谷やSUP体験で自然からもたくさんパワーチャージできました。食べ歩きや市場で美味しいものをたくさん食べられるのも高知のおすすめポイントです。みなさんぜひ、次のお休みに高知旅行はいかがでしょうか?


龍馬パスポートを持っていると色々な観光スポットで特典が受けられるのでおすすめ♪