x
高知
高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • instagram

栗焼酎「ダバダ火振」の秘密 生まれた理由はかなり意外!

この情報は2017年6月18日時点の情報となります。

日本最後の清流と呼ばれる四万十川で明治26年から酒造りをしている株式会社「無手無冠」。高知県民だけでなく、全国で愛される栗焼酎『ダバダ火振』の製造工程や、その魅力をレポート。

line

栗焼酎『ダバダ火振』といえば、栗独特の香りと口に含んだときのまろやかな甘みとコクが特徴。お酒があまり得意でなくても「『ダバダ火振』は好き」と言う人がいるほどに飲みやすい。

また、希少価値のあるお酒としても知られている。「『ダバダ火振』入荷しました!」と大きく宣伝している居酒屋や酒屋を見かけることもあるほど。

なにかと不思議な『ダバダ火振』。どうやって製造しているの? どうして栗で焼酎を作ろうと思ったの? なんですぐ売り切れちゃうの?

その理由を、ダバダ火振を作っている蔵元の番頭を務める福永太郎さん(写真右)にインタビューした。

 

■命ともいえる栗はすべて手作業で選別

福永さん「もともと四万十川の上流地域の大正、十和、西土佐あたりは栗の産地なんです」

記者「それにしてもかなり栗のサイズが大きかったり小さいように見えます」

福永さん「そうなんです。そこで採れた市場に売るには規格外のもの、いわゆる今でいう『ワケあり』のものを使用しています」

記者「この行程は手作業でなんですね」

福永さん「はい、ひとつひとつ丁寧に選別して手作業でやっています」

 

■栗焼酎を作り始めた理由

記者「どうして栗で焼酎を作ろうと思ったのですか?」

福永さん「弊社はもともと日本酒を作っていたんですが、昭和60年ごろ、当時の町長からワケありの栗を使用した焼酎を作ってみないかと言われたのがきっかけです。それから焼酎の製造免許も取得して、真摯に取り組んできました」

記者「免許まで…すごいですね」

福永さん「当時は『焼酎=安酒』という認識だったので、とても苦労しました」

記者「『ダバダ火振』が大ヒットしたきっかけはなんだったのですか?」

福永さん「『おもしろい焼酎がある』とJALのカタログに掲載されたんです。おかげさまで、それからヒットしました。いまでは『日本酒1:焼酎9』の割合で製造しています」

次のページを見る