x
高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • mail

土佐町で見つけた地域のお宝!巨大ダムのある水の町を散策

この情報は2019年11月20日時点の情報となります。

「お宝発見!まちどうが」は、RKC高知放送のアナウンサーが高知県内の市町村を巡り、地域のお宝を探す企画コーナー。今回は、早明浦ダムを有する「四国の水がめ」土佐町で、たくさんのお宝を見つけるぞ!

line

土佐町を訪れた雫石アナウンサー。土佐町には、「四国の水がめ」と言われる早明浦ダムがあり、森林面積がなんと87%。そんな森と水の町でお宝を見つけていくぞ!

 

「道の駅 土佐さめうら」でお宝情報を収集!

まずは「道の駅 土佐さめうら」でお宝に関する情報を集めることに!家族連れの方にお話を伺う雫石アナウンサー…

あれ?よく見るとベンチに座っているのは人ではなく「かかし」!このかかしは、れいほく地域のお米作りをPRしようと開催された「かかしアートコンテスト」で、最優秀賞に輝いた作品だ。遠目から見ると人間そのもの。通りがかった人を驚かせていることだろう。

土佐町は地形を活かした「棚田」が多くあり、県下有数の良質な米の産地。お米作りに欠かせない「かかし」は土佐町のお宝だ!

お米だけではなく、土佐町のある嶺北地域で生産されている貴重な「土佐あかうし」も忘れてはいけない地域のお宝。お店に並ぶ美味しそうな「土佐あかうし」を見つけ、雫石アナウンサーが一言。「番組の経費でなんとかならないかな〜?」

残念ながら今回はスタッフのOKが出なかったようだ…。

 

四国4県を支える巨大ダム「早明浦ダム」へ!

土佐町にある早明浦ダムは「四国の水がめ」と呼ばれ、全国でも有数の貯水量を誇る多目的ダムだ。そこではダム好きにはたまらない「ダムカード」がもらえるとの情報をゲット!早速向かってみることに。

ダムの管理事務所を訪ね、早速ダムカードをゲット。これが噂のダムカード。国土交通省と水資源機構が管理しているダムで作成しており、ダムについての情報が凝縮されて載っている。ダム好きの方は必見だ!

なんと、今回は特別に早明浦ダム内を案内していただけることに!

重い扉を開け、エレベーターで地下3階まで降りていくと…

薄暗い洞窟のような場所へ!ダム内はヒンヤリとした空気が漂っている。普段は見られることの出来ないレアな場所だ。

長い通路を進んでいくと、ダムを真下から見上げることができるお宝スポットに到着。四国を支える巨大ダムは迫力満点!

早明浦ダムの貯水容量は最大3億1600万㎥。これは一般的なバスタブの17億杯に相当するそうだ。スケールの大きさに、思わず言葉を失う。四国内に住む方々の生活を支える水を、これからも維持し続ける早明浦ダムは、まさに土佐町が誇るお宝だ!

 

ボリューム満点!ワンコインモーニングのお店「Music Cafe かのん」

お次は、地元の方にオススメされたワンコインモーニングのお店「Music Cafe かのん」へ。ここでは土佐町の食材をたっぷりと使った、野菜中心のモーニングがいただけるという。

見晴らしのいい開放的でおしゃれな店内は、心安らぐ空間。

メニューは日替わりのモーニングのみで、8:00〜16:00の間で注文が可能。なんとこのボリュームで500円というから驚きだ!

土佐町で作られた相川米は、旨味がぎゅっと詰まっていて、それだけで箸がすすむ!体とお財布に優しいワンコインモーニングに大満足の雫石アナウンサー。至福のひとときを過ごせたようだ。

 

県内初のワイナリー「ミシマファームワイナリー」

県内初のワイナリーがあると聞いて、ミシマファームワイナリーへ。

ミシマファームワイナリーは元々がぶどう農家。6次産業化を目指し、自社農園で化学農薬を使わずに育てた生食用のぶどうを使って、去年からワインの醸造をスタートさせた。

園内で育ったぶどうは秋に収穫され、併設のワイナリーでそのまま醸造される。今回は特別に、昨年造ったファーストビンテージのワインを試飲!

とても飲みやすく、ぶどう本来の味と香りが楽しめるワインだ!ぶどうの美味しさを知り尽くした生産者だからこそ作り出せた土佐町産のワイン。これからもたくさんの可能性を感じさせるお宝発見!

今日はここまで!土佐町のお宝がいっぱい詰まった宝箱を持ち帰る雫石アナウンサーであった。
次回はどの市町村でお宝発見!しようかな?つづく…

 

施設情報

早明浦ダム
住所:土佐郡土佐町田井6591-5
電話:0887-82-0485

Music Cafe かのん
住所:土佐郡土佐町田井1716-1
電話:0887-82-2634

ミシマファームワイナリー
住所:土佐郡土佐町田井446-2
電話:0887-82-2391

※情報提供※ RKC高知放送
文/さたけゆうや