高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • mail
  • mail

秘境・大川村で高知県最大の鉱山「白滝鉱山」跡ウォーク&幻のBBQ

この情報は2019年12月17日時点の情報となります。

自然豊かな高知県では、観光キャンペーン「リョーマの休日~自然&体験キャンペーン~」を開催中!
大川村の新たなアクティビティ「白滝鉱山」跡ウォークをご紹介。締めは幻の牛肉で贅沢BBQ!

line

日本一人口の少ない村(離島を除く)として知られる大川村。

かつては高知県最大の銅の鉱山「白滝鉱山」があり、最盛期には2000人ほどが暮らしていたと言われています。

大川村の「何もないなら作ればいい!」のキャッチコピーに共感して移住してきたという竹友大騎さん。

鉱山は1972年に閉山し、今ではすっかり自然に覆われて静かな大川村ですが、竹友さんの案内で昔の名残を見つけることが出来ました。

山の中に突然現れる巨大な選鉱場や…

トンネルの奥に広がる火薬庫などはまるで映画のセットのよう!

ウォーキングコースはトロッコが通っていたという道が中心。

平坦で歩きやすく、左右の木々がアーチとなり、気持ちの良い木漏れ日を作り出しています。

当時の線路を支えるための石垣が山道には多く残されていました。

ところどころに、昔の様子と比べられるよう写真や説明の看板もあります。

大友さんの手元にも貴重な資料が。

鉱山跡の説明はもちろん、山をよく知るガイドさんによる植物の紹介も楽しみの一つです。

山が緑の季節は、幻の黒牛・大川黒牛の、のどかな放牧の様子が見られることも。

途中の休憩所ではコーヒーを入れてくださいました。

山で飲むコーヒーってどうして特別美味しいんでしょうか?

ほどよい冒険感を味わいながら、美しい景色とたっぷりの緑に癒されて、心も体もリフレッシュしました。

そして、大川村まで来たからにはどうしても食べておきたいものがあります。

そう!幻の大川黒牛!

出荷量は年間わずか50頭ほど。11月に開催される年に一度の謝肉祭には、この幻の肉をめがけて全国から人が押し寄せますが、実は、そんな貴重な大川黒牛をゆっくりと贅沢にBBQで食べられる体験があるんです!

どーん!

写真は大川黒牛と、同じく大川村で育てらている貴重な「はちきん地鶏」のセット!

牛のみ、鶏のみもあります。

細かなサシが入った見るからに美味しそうな牛肉は、炭火で熱した網に乗せればすぐに脂が滴り落ちるほど。

舌の上で柔らかくとろけて、上質な脂の甘みが広がります。さらに、村で作られる味噌ベースの焼肉のタレが大川黒牛の旨味を引き出して、ご飯が止まらない美味しさ!

「はちきん地鶏」は、脂はあっさり、ほどよい歯ごたえで味わい深く、こちらもぜひ食べて欲しい一品。

牛→ご飯→鶏→野菜→牛…ともはやエンドレスでした。

雄大な山々を眺めながら、幻のお肉をお腹いっぱい召し上がれ!

 

問い合わせ

白滝鉱山跡ウォーク

◇問い合わせ先等
一般社団法人大川村ふるさとむら公社
電話/0887-84-2201
集合場所/自然王国 白滝の里(住所:高知県土佐郡大川村朝谷26)
開催期間/3月から12月(積雪のない時)
料金/¥2,500-
※開催最少人数は3名から、最大25名まで

大川黒牛BBQ

◇問い合わせ先等
一般社団法人大川村ふるさとむら公社
電話/0887-84-2201
集合場所/白滝の里 里の茶屋(住所:高知県土佐郡大川村朝谷26)
営業期間/4月~11月末
料金/黒牛BBQ(ご飯付き)¥2600-
はちきん地鶏BBQ(ごはん付き)¥1,800-
黒牛・はちきん地鶏BBQ(ごはん付き)¥3,500-
※最少人数は1名から、最大100名まで。要予約!

 


情報提供:高知県自然・体験型観光キャンペーン実行委員会

「リョーマの休日~自然&体験キャンペーン~」特設サイト
https://kochi-experience.jp/

特設サイトには高知の大自然を満喫できるいろんな情報が満載!
心からリフレッシュして、明日へのパワーをチャージする旅をお楽しみください!

「 リョーマの休日 」 で今すぐ検索!